2016年 12月 04日

専門外来SPの反響はすごい!!

外来はすごい数の患者さんが押し寄せています。困っている人が多いのには今更驚かされます。

外来にある5つのベッドをフル回転してやっていますが、午前中1時間ほどオーバーします。午後も5時ごろまでそういう状態が続いています。

最近は再診の患者さんが来るようになりました。

「ずいぶんよくなった」「かなりよくなった」「歩きぶりがよくなったと言われた」

「しばらくはよかったがまた痛くなってきた」

「よかったので無理をしたらまた痛くなってきた」

などという人が多い。このような場合はトリガーポイント注射を続けます。

なかなか良くならないこともあります。

その場合はトラムセットやノルスパンテープを使います。

「どれぐらい良くなるのか?」「何回ほどしなければならないのか?」という質問を時々受ける。

恐怖、不安、強い思い込みなどが治り方に大きな影響を及ぼす。だから医師はわかりません。

膝痛以外に腰痛、頚痛、肩痛、下肢痛など複数箇所痛みのある人が多い。

特異的疾患(悪性腫瘍、感染症、リウマチ、痛風)を除いては同じメカニズムです。

最初から筋肉に重点を置いて、心理・社会的要因を考慮して治療すれば、医療費は少なくて済むし、なにより健康な状態を保てます。

ある意味、医師によって作られる慢性疼痛ということもできるのです。

メールをいただいた2例を紹介しますから参考にしてください。

分裂膝蓋骨は痛みの原因にはなりません。


バスケットボールを小2よりしており、小6で最初に痛みを訴えてきましたが騙し騙し練習は続けました。ですが、中学になって全く痛くてバスケットボールの練習ができておりません。どこの整形外科や整骨院に行っても分裂膝蓋骨や膝のねじれが原因と言われてます。分裂膝蓋骨に成長期に足が痛いのは仕方ないと言った感じです。このような息子でもトリガーポイント注射は有効でしょうか?

先週おせわになりました、Aです。帰ってから2、3日は様子を見てました。昨日からは二か月ぶりに練習復帰できました。ありがとうございました。心から感謝致します。


慢性の変形性膝関節症でも一回で効果があります。すぐにお風呂に入っても大丈夫です。

先日 @県から伺いました、Bです。13年間も膝の痛みに耐えてた、義母でしたが、5日経ちましたが、今のところ 痛みがなく、毎日 自分で揉みほぐしてます、本当にビックリしてます。やはり、13年間 痛みがあったから、痛みのある歩き方になってしまってますが、聞くと痛くない!っていうので、ありがとうございました。

私の実母も、来週 人工関節の手術する予定でしたが、先生の治療と、義母の経過を目の当たりにしたら、手術を阻止しなければ!と思い X日に伺いたいと思ってます。後 受診後 温泉に入るは、大丈夫でしょうか?


[PR]

by junk_2004jp | 2016-12-04 16:55 | 慢性痛 | Comments(1)
Commented by 国松 at 2016-12-05 09:55 x
お見事です!!!

今までの整形医学の常識って何だったのか!

医学を志す方たちを太らせるだけかも・・??

  (@_@) (*_*) (@_@) (*_*)
      ☆・・・・☆・・・☆・(・□・;)


<< 最近は慢性の膝痛ばかりを 診ています      痛み・しびれを取るための脊椎手... >>