「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 23日

変性断裂の半月板切除  機械的症状の改善効果なし

半月板変性断裂患者における機械的症状と関節鏡視下半月板部分切除術:無作為化試験の副次的解析

Mechanical Symptoms and Arthroscopic Partial Meniscectomy in Patients With Degenerative Meniscus Tear:A Secondary Analysis of a Randomized Trial

〈背景〉

最近のエビデンスから、半月板変性断裂患者に対する関節鏡視下半月板部分切除術(APM)は保存的治療を上回る有用性が得られないことが示されている。しかしながら、機械的症状(膝のひっかかり感やロッキング)を訴える患者はAPMから恩恵を受ける可能性がある。

〈目的〉

APMは偽(sham)手術よりも機械的症状を改善するのかどうかを検討する。

〈研究デザイン〉

無作為化、患者・アウトカム評価者盲検化、偽手術対照、多施設共同試験。

〈設定〉

フィンランドの整形外科クリニック5施設。

〈患者〉

変形性膝関節症を伴わない半月板変性断裂の成人患者(年齢35〜65歳)。

〈介入〉

APMまたは偽手術。

〈評価項目〉

手術前、手術後2、6、12ヵ月目の患者の自己申告に基づく機械的症状。

〈結果〉

患者70人をAPM群、76人を偽手術群に無作為に割り付けた。 APM群の32人(46%)、偽手術群の37人(49%)が手術前にひっかかり感/ロッキングを訴えた;追跡中にいすれかの時点でこれらの症状を訴えた患者はそれぞれ34人(49%)と33人(43%)で、リスク差は0.03(95%信頼区間[CI],?0.06〜0.12)であった。手術前にひっかかり感/ロッキングのあった患者69人のサブグループにおけるリスク差0.07(95%CI,-0.08〜0.22)であった。

〈限界〉

解析は後付けで、他の機械的症状を報告した患者はわずかであったため、この結果はひっかかり感と散発的なロッキングに対してのみ一般化の可能性を有する。

〈結論〉

膝のひっかかり感または散発的なロッキングの軽減を目的とした治療として、断裂した半月板の切除術は偽手術を上回る有用性がない。これらの結果は、機械的症状は半月板変性断裂が原因で引き起こるのだろうかという疑問を提起するとともに、患者の自己申告に基づくこれらの症状をAPMの適応判断に用いることへの注意を促すものである。

[PR]

by junk_2004jp | 2016-12-23 12:13 | Comments(0)


<< 変形性膝関節症を治すコツがわかる本      「根性疼痛」なんてありえない!!  >>