2017年 01月 12日

変形性膝関節症を治すコツがわかる本

b0052170_22471132.jpg


この本の1ページだけを書きました。

変形性膝関節症と言われている膝の痛みは実は「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)」です。

内側広筋、外側広筋、大腿直筋、半腱様筋、腓腹筋などのMPSです。

軟骨や半月板の変性が原因ではありません。

早期治療が重要!トリガーポイント注射、鍼、マッサージ。

筋肉をほぐして柔軟な状態を保つことです。

膝裏が床につくようにすること。正座ができるようにすること。

発症の引き金:長時間の椅子(バス旅行)、草むしり、階段、下り坂、頻繁の立ち座り。

b0052170_2257578.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2017-01-12 22:59 | Comments(0)


<< 「慢性痛」という病気      変性断裂の半月板切除  機械的... >>