心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 05日

患者(patient)から 人(person)へ:10のステップ

患者(patient)から 人(person)へ:10のステップ

American Chronic Pain Association(ACPA)ホームページより)

愛知医科大学痛み学講座より

ステップ1: “痛み”を受け入れよう。

自分の体の調子についてできるだけ知りましょう。
現在通用している治療薬(法)は無いかもしれないということを理解して、
あなたの人生の中の“痛み”という事実を
自分自身でうまく対処する必要があることと認めましょう。

ステップ2: 関わり合いを持ちましょう。

回復をしていく過程では積極的な役割をするようにしましょう。
主治医の助言に従って、あなたへの治療の中で
受身的な立場から共同的な役割へ変わるには、
自分に何ができるか尋ねてみましょう。

ステップ3: 優先すべきことを知りましょう。

痛み以外で、あなたの人生で“重要なもの”を見つめましょう。
あなたがやりたいことを書き並べてみましょう。
優先すべきことを定めることは、
より積極的な人生への戻り道の出発点を見つける助けとなります。

ステップ4: 現実的なゴールを設けましょう。

人間は皆、走る前に歩くことから始まります。
自分でやり易い段階をつけて、
少しずつ達成できたり、突破できるような、
あなたの力の範囲内のゴールを設けましょう。
そして自分の成功を楽しむことに時間をかけましょう。

ステップ5: 自分の基本的な権利を知りましょう。

人は皆、基本的な権利を持っています。
敬意をもって扱われる権利、
罪悪感なしにノーと言う権利、
人の力で可能であることをしない権利、
間違えてもよい権利、
自分の決断を正当化しなくてもよい権利。
言葉や痛みにたいしては、このような権利があります。

ステップ6: 感情を分かりましょう。

体と心はひとつです。
感情は直接的に体の健康に影響を及ぼします。
自分の気持ちを認めて
それに上手に対処することで、
ストレスが減り、
あなたが感じている痛みを小さくすることができます。

ステップ7: リラックスすることを学びましょう。

痛みはストレスを増やします。
リラックスするための練習は、
あなたの身体の調子を取り戻すひとつの方法です。
深く呼吸をしたり、
楽しいことを思い描いたり、
その他のいろいろなリラックスするためのテクニックは、
あなたが常にかかえている“痛み”を
上手に扱えるようになるための手助けとなるでしょう。

ステップ8: 体を動かしましょう。

慢性痛を患っている多くの人は、
体を動かすことを怖がっています。
しかし、使わないで固くなった筋肉は、
柔軟な筋肉よりも痛みを多く感じます。
あなたが安全にやれる、あなたにあった適度な運動を
主治医と一緒に見つけましょう。
筋力を増すことで、あなたの痛みを減らすことができます。
そして、気分も良くなっていくことが感じられるでしょう。

ステップ9: 全体像を眺めましょう。

優先すべきこと定めること、
ゴールに到達すること、
基本的な権利を主張すること、
あなたの感情を上手く扱うこと、
リラックスすること、
そして、身体の調子が回復すること、
これらをを学ぶことで、
“痛み”が
あなたの“人生の中心”に居座っている必要がないことが分かるでしょう。
自分の障害に焦点をあてるのではなく、
あなたの可能性に焦点をあてる道を選ぶことができます。
慢性痛を患っていても
普通の人生を生きていくことができるという信念をもって、
強くなっていきましょう。

ステップ10: 広めましょう。

三人に一人は何らかの慢性痛を患っていると推定されています。
あなたが慢性痛の問題を上手に扱える方法を見つけだしたら、
あなたの知っていることを広めて分かち合いましょう。
慢性痛をかかえて生きていくことは、
学んでいくことの連続です。
私たちは皆支え合い、お互い同士から学んでいます。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-05-05 18:50 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by elly_mylove at 2005-05-06 21:43
先生、この文章は私のサイトにもあるかも。
先生と私は、同じ文献からソースをとっています。
シドニーにいるときに、一生懸命あのサイトから記事を翻訳しました。

うまが合いますね、っておっしゃってください~~~。

大ファンのエリーより。
Commented by junk_2004jp at 2005-05-06 21:56
そうですか。それはウマがあいますね^^。熊澤先生の記事はファイル90~94です。

ファイル42には「放送大学「痛みの科学」 熊澤孝朗氏より」があります。
このビデオをもっています。


<< 心療内科学会TOPICS      清原、腹痛で入院 >>