心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 26日

慢性痛の最新研究は脳科学



痛みはポリモーダル侵害受容器でおきる。
電気信号として脳に伝えられる。

「神経が圧迫されて痛い・しびれる」「軟骨、椎間板、半月板が老化変性していて痛い」という生理学はありません。

b0052170_17574328.gif

b0052170_17585457.gif


痛みは悪循環する。
反射的に筋肉が緊張する。
交感神経緊張して血管収縮。


b0052170_1844180.gif

b0052170_18174729.gif


痛みは広がることがある。
痛みの電気信号は一本の神経線維を通るだけではなく周りの神経線維にも影響をおよぼす。(空間的加算)

痛みの悪循環が続き、脳に痛みの電気信号が入力し続けると「慢性痛」になる。

慢性痛=神経障害性疼痛=中枢性感作=神経可塑性=中枢性痛覚過敏
下行性疼痛抑制系の機能低下
時間的空間的加算(wind up)
長期増強(Long-term potentiation)


b0052170_18554556.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2017-03-26 18:00 | 痛みの生理学 | Comments(3)
Commented by SGM at 2017-05-20 07:02 x
ブログ拝見しております。
加茂先生は圧迫などによる痺れは生理学的にないと書かれているのですが、時おり肘のところを机などにぶつけると指先までジーンと痺れることがあります。これも瞬発的な圧迫だとすれば、圧迫→痺れというのはあり得るのではないかと思ったのですが。どうなのでしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2017-05-20 18:01
それは関連痛だと思います。
http://junk2004.exblog.jp/10256485/
Commented by SGM at 2017-05-20 19:18 x
ありがとうございました。


<< 「神経が圧迫を受けて痛い」「軟...      その原因Xにあり >>