2017年 03月 31日

急性期慢性痛、慢性期慢性痛



b0052170_2012366.gif

中井吉英教授(元・関西医科大)は図のように痛みを説明しています。

つまり急性痛と言えども最初から慢性痛の形をとる場合があるということ。

私のような開業医はこれがよくわかる。

かかりつけ医は患者さんの過去のパターンをよく知っているからです。

「Aさんはまた、妙な痛みが出てきて歩行が困難。」

なんらかの心理的な辛さが痛みに転換している。(転換性障害)(身体表現性障害)(心因性疼痛)

かかりつけ医でなければ、この診断にたどり着くのに時間がかかる。

これは患者さんに説明困難なことが多い。実際に痛いのだから。

Bさんは痛みが出るたびに腰の手術をしてくる(笑)。

https://vimeo.com/179557907


[PR]

by junk_2004jp | 2017-03-31 20:26 | 慢性痛 | Comments(0)


<< ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みやし...      手術は最大のプラセボ >>