心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 26日

ミラー現象

ミラー細胞

「わ、痛そう!」は、共感する神経細胞が働いていた。

神経科学者のラマチャンドラン氏はミラー細胞が発見される前から鏡を使って幻肢痛の治療をしている。

家族3人が同じような痛みで来院。

病室で誰かがよくなるとみんながよくなる。その逆もある。

膝痛でも肩痛でもいわゆる坐骨神経痛でも長い痛みの人は大概両側に同じように圧痛点がある。

「患側をかばっていたら反対側もいたくなってきた。」というがミラー現象なのだろう。

幻肢痛のミラーセラピーはこの現象の有効利用なのだ。

痛みを共感してもらっては困る。

慢性痛の大きな責任は脳にあることがわかる。

痛みが分節を超えて広がるのは(同側に広がるのは)グリア細胞の活性化にあるといわれている。つまり、痛みの電気信号は一本道のハイウェーを進むのではなく、周りに影響を与えて進む。

とにかく、痛みは早く止めるにこしたことはない。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-26 19:48 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 厚労省よ、痛みやしびれに対する...      完解と言えるでしょう(メールを... >>