心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 27日

厚労省よ、痛みやしびれに対する椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の手術を保険診療からはずせ

腰やクビの牽引が保険診療から外されて久しい。

同じように痛みや痺れを取るための椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術を保険からはずせ。

すべり症の手術もはずせ。

全く意味がわからない。

下肢が痛い人、巡り巡って、ある大学の整形外科教授の執刀でクビの脊柱管狭窄の手術を受けた。

治るはずもない。何年も苦しんでいる。

下肢の圧痛点数カ所に局所麻酔をちょんちょんと打ってやったら、「あら、ちょっと楽」

クビでの狭窄なら脊髄麻痺だろ。痙性歩行、病的反射。

腰での狭窄は脊髄がないので、麻痺はおきない。

痛みがどうして起きるのか、なぜ慢性化するのか、わかっている。

慢性の痛みの治療は痛みそのものが治療の対象だ。

過敏になった脳が治療の対象だ。




[PR]

by junk_2004jp | 2017-04-27 16:09 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 足くびの慢性痛      ミラー現象 >>