心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 18日

わかさ出版WEB[脊柱管狭窄症ひろば]

http://www.kyousaku.karadane.jp/articles/entry/ope/trintinjection/006270/

http://www.kyousaku.karadane.jp/articles/entry/experience/treatmentope/006283/


「脊柱管狭窄症な〜んちゃって」なんだよね!

このような診断をすること自体が間違っています。

脊柱管が狭窄しているということと、痛みやしびれがあるということの間に合理的な関連がありません。

この診断が患者を悩ませます。

何度も手術をして慢性の痛みを抱えている人がたくさんいます。

早く対処すれば、安い医療費で慢性痛にならなくて済んだものを。

痛みやしびれという「時と場合によって変化するもの」を構造病名を使う悪しき慣習をやめるべきです。

「むちうち」だったら医者は長期化に否定的で、一方、脊柱管狭窄症や五十肩だったら慢性化、長期化に否定的でないよね。

なんだか自分のご都合主義。どちらも筋痛症(myofascial pain syndrome)で、慢性化することがあるので、初期の対応が重要。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-18 02:23 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 脊柱管狭窄症、6日間の治療      筋筋膜性疼痛症候群と線維筋痛症 >>