心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 18日

脊柱管狭窄症、6日間の治療

6日間、6回の治療、トリガーポイントブロック。飲み薬は使わなかったが、最後の日に念のためにということでノイロトロピン30日分処方する。

3割負担で計5000円、ホテルから通院。

何日ぐらい必要かというメールをしばしばいただくが・・・わかりません。痛みの治療は骨折の治療と違って予測不可能なのです。

他人の脳の認知、反応を変えるのに必要な日数、飲み薬が必要か?そういうことは経過を見ながらでないとわかりません。

不安、神経症傾向、抑うつ傾向は時間がかかることが多い。

b0052170_22581750.jpg


半年前に腰痛と足のつっぱりしびれ等があり整形外科にて診察頂き脊柱管狭窄症、間欠性破行と診断されました。治療法はブロック注射痛み止投薬、ビタミン剤です。

3、4分も歩行すると坐骨、(両足)太もも裏側から脹脛の痛み、しびれがあり、なかなか良くならず難儀しております。遠方なもので予約診療等あれば教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。

***********


先生、ありがとうございました。楽になりました。治療を受け確信できた事、腰痛=ヘルニア、狭窄症、間欠性破行…等々はすりこまれた情報と神経が痛いと言う誤った概念と思い込みであり、今まで治療をし良くならない、治らないからと、また、他の整形外科へと、まるで整形外科難民のような私も先生とお会いでき解放されました(笑)

改めて感謝申し上げます。***55歳

[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-18 23:13 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 心因の要素が大きいほど強い痛み      わかさ出版WEB[脊柱管狭窄症... >>