心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 30日

線維筋痛症の1ヶ月入院

b0052170_05393753.jpg
10年ほど前、仕事で左手を痛める。
現在の症状

全身の痛み、突き刺すような、きしむような、圧迫されるような、針金でかき回されるような痛み。

ドライアイ、めまい、頻尿、頭痛、不眠、疲労感、便秘、微熱、耳鳴り、四肢先端のしびれ、顎の痛み

ほとんど動けない日もある。

噛めないので飲み込んでいる。

いろんな治療を試したが・・・薬もいろいろ試してみたが・・・


当院では毎日のトリガーポイント注射、寝る前エチゾラム1錠、ノイロトロピン4錠

1ヶ月入院し、お世話になりました、Aです。1ヶ月間、本当にありがとうございました。入院中、先生から毎日のように、痛くても良く歩いてね!と言われた言葉が、いつの間にか脳にインプットされ、痛くても歩かなきゃいけないんだ!歩いていいんだ・・・と。そして入院中は1日2000から3000歩、歩けたことが自信の1つになりました。退院して10日程経ちますが、現在は日によって(天気もだいぶ影響していると思うので)かなりムラはありますが、まず、上半身の顎、首、肩、肩甲骨の痛みはお蔭様でだいぶ楽になりました。何より顎の動かしてない時もあった痛みが薄らいだのが嬉しいです。下半身は、入院中に毎日注射してもらってた時は、少し弱まってたのですが、帰ってきてからは、戻ってしまったような感じがあります。
入院中後半、歩けるのが嬉しくて歩きすぎてしまったせいで、アキレス腱が痛くなり、すぐ先生に注射をして頂いたら楽になったのですが、家に帰って少し歩くと痛みが出て、現在は少し腫れて強い痛みが続いています。せっかく気持ちが上がってきた所で、自分がうまく調節出来ずに、こんな痛みを作ってしまったのにちょっとショックを受けています。歩きたくても痛みと怖さで歩けません。先生のお言葉がいつも頭をよぎりますが、この状態ではどうしたらよいのでしょうか・・・。
帰ってすぐ、リビングの壁に、よく歩く、よく動く、と、紙に書いて貼りました。
いつも大変忙しい、加茂先生、そして加茂整形外科。先生のお体がとても心配ですが、患者の皆様のためにも、お体に気をつけられて頑張ってください。
お疲れの所、長文になり申し訳ありません。この度は、本当にありがとうございました。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-06-30 06:09 | 線維筋痛症 | Comments(1)
Commented by 国松 at 2017-07-01 08:25 x
おはようございます!

「痛みと怖さで歩けない」と
書いておられますが、お察しいたします。
わかります・・・

でも、やっぱり ゆっくりでもかまわないので
歩いた方が・・動いた方が いいと思います!

その気になるまで 慌てることはありませんが、
ぼちぼちと 再び 始めてくださいまし・・

えいえいおー      m(_____)m


<< 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が痛...      みんな困っています >>