2005年 05月 11日

failed back surgery syndrore(脊椎手術の失敗症候群)

腰椎になんらかの手術を受けた患者の10~40%はfailed back syndromeになる。ということは,同症候群は増える恐れがある。多くの湯合,手術前の段階で腰痛の成因が誤診きれている。さらに,手術を受けても症状がよくならない場合,診断ミスによる問題が持続するばかりか,術後管理の問題点も浮上してくる」と述べた。(ファイル7)

腰椎術後の5%~50%にFBSSが発生する。Rishらは文献上15,000人の椎間板手術患者の成績を分析して20%に症状の持続を認めている。米国では年間37,500名のFBSS患者が新たに生まれている。FBSSの治療には複数回の手術が行われることが多い。Waddellらによれば,2回目の手術では40~50%が改善し,20%は悪化する。3回目の手術では20~30%に有効であるが25%は悪化する。また4回目の手術で改善するのは10~20%にとどまり,45%が術後悪化をみる。手術療法以外にも硬膜外ブロック,脊髄電気刺激療法,神経根切断術などが試みられているが効果は芳しくない。(ファイル70)

腰仙椎手術後の患者の10~40%で、慢性痛あるいは再発痛を生じる。これは、failed back surgery syndrome (FBSS)であり、様々な疼痛管理(内科的、外科的、リハビリテーション、行動療法)が行われている。(ファイル306)

直接的な医療費には、非ステロイド性消炎鎮痛薬による消化管合併症や様々な形のfailed back surgery syndromeなどの、腰痛治療によって発生した合併症と副作用を治療するための多額の費用も含まれるだろう。(ファイル255)

何度も腰椎手術を繰り返した結果起こるfailed back syndromeが最も多く原因疾患の半数以上を占めている。腰痛の診療には、急性期の治療法の選択、慢性化を予防する手段、臨床的検査結果(画像など)と疼痛の訴えの不一致、術後に著明な医療サイドヘの不信感などの困難な問題があり、さらに心理・社会的因子による疼痛の増強が、上述の原因疾患とともに腰痛の難治化に関係している。(ファイル145)

手術は一部の患者にはいくらかの改善をもたらすが、“半数近くは改善を得られないだろう”。そして手術によって改善しない人々は、改善の見込みが不確かな、“failed back surgery syndrome”という厄介なカテゴリーに入る可能性が高いことに博士は言及している。(ファイル215)

慢性腰痛に対する多くの治療と同様、固定術でもかなりの割合で無効例があるという事実を隠すことはできない。脊椎治療に携わる医師も完全には理解していない理由により、固定術の結果にも予測不能な部分がある。Orthopedics Todayの最新号に掲載された、失敗した脊椎手術に関する興味深いフォーラムでも、Groopman博士の記事と同じ問題に触れている。(ファイル117)

心理・社全的要因が錯綜した慢性疼痛患者は、医療の治療対象から排除される傾向がある。これらの対象者にリハビリテーションチームが治療契約を結んで、その枠組みの中で心理的な「拘えの環境」を作る3ヵ月プログラムを実施した。認知行動療法にカウンセリングを併用して、自己の内的世界への直面化を促しつつアイデンティティの確立と生活の再構築を図る。(ファイル230)

______________

私のHPのトップページにまとめておきました。腰椎手術の10~40%がFBSSになる可能性があるということです。

掲示板にも8回手術、5回手術の方が今なお痛みに苦しんでいらっしゃいます。

FBSSがどうして起きるのかは分かりません。手術でどうして治るのかも分からないのです。手術の技術の問題ではないようです。

筋骨格系の痛み(外傷、腫瘍、感染は除く)に対して手術という手段はないと思っています。神経麻痺ならば手術が必用です。ふつうにみられる筋力低下は神経麻痺ではありません。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-05-11 08:21 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 再びmyofascial pa...      筋筋膜性疼痛症候群(MPS) >>