心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 24日

腸腰筋



b0052170_22542512.jpg
腸腰筋は腰下肢の痛みのキーポイントになる筋肉です。

高齢者の多くはこの筋肉の不具合で腰が伸びなく前屈しています。すり足で歩いています。

ぎっくり腰の多くはこの筋肉の伸張性収縮でこの筋肉に注射をすることで一挙に治癒することがしばしばあります。

町で歩容をみているとわかります。

骨盤の歪みとか仙腸関節のずれとか言われているのもこの筋肉の左右の緊張状態の違いによるものでしょう。

腸腰筋は注射にとてもよく反応してくれます。

脊柱管狭窄症と診断されている人の多くはこの筋肉の不具合(攣り)です。

腰が伸びない。前屈みぎみ。

歩きにくい、つまずく。

靴下が履けない。

乱暴な整体によって大変つらいことになった人を3人診たことがあります。

一人は、脊柱が骨盤内にはまり込んだような感じ。

一人は、4年も経つのに未だに2本杖。股関節の外転困難。骨盤前屈。

b0052170_22590963.jpg
患者さんにこの部位を医師が触診したか聞きますが「触診した」と答えることはありません。

医師はレントゲンやMRIを見るのに忙しくキーポイントを触診しないのです。これではだめです。

一方、鍼灸師や柔整師はしているようです。彼らが画像診断する資格がないことがよかったのです。皮肉なことですね。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-08-24 23:07 | MPS | Comments(3)
Commented by 田中研一 at 2017-08-28 03:58 x
加茂先生
いつも拝読し勉強させていただいております。長野県長野市でクリニックをやっております。腸腰筋にトリガーポイント注射を行う際、鼠径部以外にはどのようにアプローチされておりますでしょうか。腸骨前面の腸骨筋や大腰筋上部には前方よりアプローチすると腸管穿刺が危惧されるため注射に躊躇し、うまく注射できれば症状がとれると思われる時、悔しくかつもどかしく思っております。先生は腸腰筋の注射の際どのようにアプローチされておりますでしょうか。ご教授いただけますと幸いに存じます。
Commented by junk_2004jp at 2017-08-29 14:01
私は鼠蹊靭帯のやや上の部分の圧痛点を狙ってやっています。
注射針は30ゲージ。
大腿神経などきになりますので極めて薄いメピバカインで十分です。
Commented by 田中ケンイチ at 2017-09-17 17:03 x
加茂先生
ご返信いただきましてありがとうございます。腸腰筋MPSの方にtryしようと思っております。


<< 母の下肢しびれ      変形性股関節症、末期で手術が必要 >>