心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 23日

鎮痛剤市場に転機到来、痛みから解放望む高齢者増加-新薬も続々承認

長期にわたって痛みが続く「慢性疼痛(とうつう)」に対する薬の処方の規模は今後7年間で62%増え、2024年には1880億円に達する見通しだ。 だが痛みを抱えながらの社会生活継続が困難なことが理解され、また国の後押しも手伝って、患者が医療機関で鎮痛剤の処方を受けるケースが増加している。


国内の慢性疼痛による経済損失は1兆9500億円との試算もある。


リリカ、トラマール、トラムセット、ワントラム、ノルスパンテープ、ノイロトロピン、サインバルタ、トリプタノール、カロナールなど


慢性疼痛という病気に対して何を選択して生きていくかは患者さんにあります。正しく理解することです。(時間的、経済的、環境的)

慢性痛は痛みを認知するシステムそのものの故障です。


慢性痛を作らないためには医師を教育し直すこと。(不必要な画像診断をして患者を不安、失望させないこと、早期に的確に除痛すること)


神経が圧迫されていても痛みやしびれは生じない。


軟骨や半月板、肩板、椎間板が老化していても痛みの原因にならない。


痛みの治療と構造の治療は別問題です。


重要なのは早期の痛みの治療です。たとえば、腰椎の圧迫骨折(1:痛みの治療 2:骨粗鬆症の治療 3:骨折の治療)この順に大切です。


痛みが慢性化すると何もできなくなります。骨折はしばらく安静にすれば治ります。


昨日TVで京唄子さんが腰椎圧迫骨折が原因で寝たきりになり死亡されたということを知りました。


痛みに対して脊椎の手術は不必要です。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-23 09:56 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 京唄子さんの腰椎圧迫骨折      同一症状、同一患者が診療科によ... >>