心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 26日

ガラパゴスのDr.シーラカンス

⭕️大学病院ですべり症の手術を3回した。今は線維筋痛症となっている。

当院でトリガーポイント注射とノルスパンテープ10mgでかなり改善した。

すべり症が原因で腰痛や下肢の痛み、しびれが起きることはありません。

⭕️ある有名総合病院で椎間板ヘルニアの手術をしたがよくならず、結局3回手術をした

が、よくならず、薬を続けてのんでいる。

改善がみられない。歩行が辛い。

下腿や足背、足底の圧痛点にTPBをすると、笑顔になった。

「私、失敗しませんので」→「私、失敗しますので」

これ技術的な失敗でなくて、思考過程の失敗なのです。

いずれの症例も私が初診なら、レントゲンやMRIを撮ることなく、1回〜数回で治癒する

可能性があります。

ヘルニアや脊柱管狭窄、すべり症で痛みやしびれが生じることは決してありません。

それは筋筋膜性疼痛症候群です。

外力Gが原因です。

慢性的な外力(生活週間、労働、スポーツ)、急性外力(打撲、捻挫など)

ストレス(不安)は痛みの認知閾値を低くします。

オピニオンリーダーとなるべき大学病院や地方の基幹病院がこのザマでは思いやられます。

医療費を有効に使うという観点からも非常に問題です。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-10-26 13:31 | Comments(4)
Commented by しろやなぎわたこ at 2017-10-31 18:48 x
加茂先生
先日NHKの番組「プロフェッショナル」で人工関節手術が取り上げられていました。その中のお一人は膝の痛い80歳女性の症例でした。
女性が「膝が痛い」と訴え、骨の壊死を発見、人工関節手術、という流れです。
もしこの方が加茂先生のところへいらしたら、注射でなおったのではないかと思いながら見ていました。
Commented by junk_2004jp at 2017-11-01 13:02
> しろやなぎわたこさん
骨壊死が痛みの原因になることはありません。
人工関節にすると、極端なO脚や伸展不良状態が改善するので、力学的なバランスが改善して筋肉にかかる負荷がよくなることがあります。しかしよくならないことが2〜3割あるということです。
膝痛も筋痛です。早期に治療して、よく動く膝も保つことがキーポイントです。体重も大きな問題です。
Commented by くま at 2017-11-15 19:50 x
昨日、某TV番組で「新型腰痛」なるものの症例として「臀皮神経障害」というのが紹介されてました。「画像には映りにくいので」とか「圧迫されて云々」といったドクターの説明があり、がっかりしてしまいました。患者さんは手術を受けて楽になったそうなのですが、どうして治癒に繋がったのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2017-11-16 21:24
> くまさん
脊柱管の手術をしてよくならず、今度はその神経の手術をしたが、よくならず。そんな患者をみたことがあります。

神経圧迫がどうしてもきになるのでしょうね。いったい頭の構造がどうなっているのでしょうかね。


<< 傷害保険と慢性痛      今日の症例 >>