心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 05日

エネルギーの源は?

先日、患者さんに「先生のエネルギーの源はなにですか?」と聞かれた。

とっさには答えられなかったが。

70歳になり後継者もいないのに持病をかかえてよくやってますよね(笑)。

もともと、スタミナはあるし、医者しかできないからでしょう。

一番の動機理由は「アホカ!」という憤りでしょうか。

昨日まさに次のような症例がありました。毎度のA病院。

70歳代後半の方、1年前、長時間バスに乗っていた。降りる時、急に膝が痛くなった。

なかなかよくならず、A病院受診、「腰からきている、脊柱管狭窄症。」

ということで、手術をして、1ヶ月間ほど入院。全く改善しなかった。

再度受診すると、「別の場所に狭窄があるので手術が必要。」とのことだった。

患者さんも首をかしげますよね。

とういうことで当院受診。

内側広筋、外側広筋に圧痛点が数カ所圧痛点があった。

そこに局所麻酔をチョンチョンと注射してやると、「楽に歩かれる」と笑顔になった。

診療費は保険で600円だった。

専門医継続のため、A病院の医師の講演(脊柱管狭窄症)を聴いたことがある。

つまり、自他共に認めるオピニオンリーダーなわけだ。

そんなことで痛みは起きないって!
b0052170_13182298.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2017-12-05 13:20 | Comments(0)


<< 痛み疾患の診断と鑑定      脊柱管狭窄症克服マガジン >>