心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 13日

お医者さんに筋筋膜性疼痛症候群を理解してもらうことは困難

日経メディカル・特別編集版2017.12より

なぜこんなに難しく考えるのだろうか。

私の経験では外来で診る腰痛のほとんどが筋筋膜性疼痛(MPS)です。

圧迫骨折は、骨折+MPS、と考えてそれぞれに対して治療。

血清反応陰性脊椎関節症=①強直性脊椎炎②ライター症候群(反応性関節炎)③乾癬性関節炎④炎症性腸疾患に伴う関節炎・・・これらはリウマチ類似疾患として。HLA-B27陽性。日本人には極めて少ない。脊椎関節炎、仙腸関節炎。

b0052170_16071673.jpg




[PR]

by junk_2004jp | 2017-12-13 16:20 | Comments(0)


<< 羽生さんの足首の捻挫      医療者に慢性痛の概念がない >>