心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 27日

変形性股関節症の痛みは運動療法で良くなる?



❌ 軟骨が傷んでいるから痛いのだ。
軟骨や半月板には痛覚神経はありません。ポリモーダル受容器はありません。

b0052170_12574818.gif
b0052170_18392821.jpg
ポリモーダル侵害受容器は軟骨が減っていることや変形していることに反応しているものではありません。
関節の痛みのほとんどは周辺の筋肉の痛みです。
荷重関節は股関節、ひざ関節、足関節です。
股関節や足関節の変形性関節症は少ないのは、股関節では臼蓋で、足関節では内顆外顆及び靭帯で固められていて比較的安定しているから、筋肉の負担は少ない。
ひざ関節は上下の骨が乗っているだけなので安定させるには筋肉の働きが大きい。だから、ちょっと筋肉を傷めても不安定になり変形へと進む。
股関節で生来の臼蓋形成不全があると関節の安定には筋肉が相当緊張を強いられる。それが痛みの原因なのだ。腸腰筋、内転筋、筋膜張筋、臀筋など。
結局は五十肩の治療と同じことになる。
動かすことが重要だ。プールで負荷を少なくして動かすのもよいが、
ものにつかまって、下肢を振り子のように動かす。
寝てひざ下を台に乗せて踵を前後左右に動かす。
軟骨は負荷をかけることによって栄養を得ている。

肩関節は荷重がかかる関節ではない。
解剖学的にはほとんど脱臼したような状態で筋肉により吊るされている。
そのため筋は中年になると不具合がおきる。それが五十肩。
b0052170_16472734.jpg

中高年になると「いつのまにか肩板損傷」がみられることがあるが、特に治療の必要はないと思う。
肘関節は手指や手関節を動かす筋肉がついている。テニス肘は有名。もちろんこれはMPSだ。他の関節痛もこれと同じメカニズムなのだ。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-12-27 13:29 | 慢性痛 | Comments(0)


<< MRIの普及と医師の思考停止      20周遅れのランナー >>