心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 10日

頚の痛み・・・・・・(>_<)

日本医師会ホームページ→

健康ぷらざ

こんな原因で痛みが・・・・ー気を付けたい首の痛みー



相も変わらずですな!これは従来の「損傷モデル」の説明です。生理学的矛盾、臨床経過の矛盾、疫学的矛盾があります。

痛みは「生物・心理・社会的モデル」で説明したほうが矛盾なく説明できます。

ただし、頚のヘルニアが原因で脊髄症状(脊髄を圧迫するための麻痺)ー歩きにくい(痙性歩行)ーが起きることがあるとされています。きわめてまれです。

_____________________

麻痺は他覚的所見で神経症状です。(筋原性、心因性は鑑別してね)
           運動麻痺:弛緩性、痙性
           知覚麻痺:脱失、鈍麻

痛み・しびれは自覚症状で神経症状ではありません。

麻痺をみたら、神経原性(neurogenic)なのか、筋原性なのか、心因性なのか鑑別。
神経原性ならば、場所は?(脳、脊髄、末梢神経)、原因は場所占拠性(血腫、腫瘍、ヘルニアなど)、絞扼性、壊死?
______________________

麻痺痛み・しびれは全く別物です。痛みは麻痺の前兆なんてことはありません。

麻痺は外科的対応が必用なことがあります。

神経損傷(麻痺)にともなって痛みに悩まされることがあります。これは損傷した神経と他の神経が脊髄後角などで混線するためかといわれています。(CRPStypeⅡ、カウザルギー、神経因性疼痛)難治です。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-06-10 02:00 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 第二回 金沢不安障害フォーラム      絞扼性神経障害 >>