心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 21日

ブレイン・ロック

痛みやしびれは脳が作り脳が認知している。

1W前より腰が痛い人にこのような説明をしても通じるものではない。
「腰が痛いといったら脳がおかしいといわれた。」
「ちょっとその医者、おかしいんじゃないの?」
と言われるのがおちです。
また、たしかに精神的な痛みもあることは知っているが、全部がそうとは限らないだろうという意見が聞こえてきそうです。しかし、痛みやしびれは脳が作り脳が認知しているということは科学的真実です。

このことは慢性疼痛でいろいろな治療をした上でやっと理解できるかできないかという話です。

急性の時は身体にはっきりとした反応がみられる(つまり、筋筋膜痛としての圧痛点、筋緊張)のでそれを治療の糸口として介入してやれば痛みはとまります。

脳内の痛みの回路がロックされる前、痛みの旬に上手に介入してやることが大切だと思います。

いったんブレイン・ロックが起こると解除は難しいものです。いろいろな儀式でもって(本人はそうは思っていないだろうが)ブレイン・ロックをはずそうとするわけです。痛みを取る手術とか、ずれを治すとか・・・いろいろの手口がありますね。

このとき何かを悪者にしてそれを修正するというストーリーが用いられるのです。その儀式でブレイン・ロックが解除される人もいるでしょうがされない人もいます。催眠術にかかりやすいかどうかということでしょうか。

「心が脳を変える」(ライフログ参照)で著者は「心の力」で脳は変えられるといっています。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_445.htm
[PR]

by junk_2004jp | 2005-06-21 15:05 | 慢性痛 | Comments(7)
Commented by keisyan at 2005-06-21 16:44
「心が脳を変える」 この言葉は、私にとっては目からウロコでした。このところ痛みが強くて、術後の難治な痛みかも?と「半ばあきらめ、投げやり」になっていたからね。自分の心で自分の脳の鍵を外そうという意欲がわいてきました。焦らず、ゆっくり、いつかは、という気持ちで・・・
Commented by keisyan at 2005-06-21 16:57
トラバ。。。「心が脳を変える」の間違いですm(__)m
Commented by あおい at 2005-06-21 18:55 x
初めまして。私は「痛みの回路」なるものができあがってしまって、現在都内の大学病院の麻酔科で治療を受けています。なかなかやっかいです。
痛みの緩和には、周囲の人の理解も多いに関係があり、それだけで、精神が落ち着き、痛みも多少楽になるということはありました。色々な意味で、常に緊張しているのはよくないと実感しました。
http://www.janssen.co.jp/release/20040301.html
Commented by junk_2004jp at 2005-06-21 19:19
あおいさんはじめまして。ブログをちょっと読みました。足首の捻挫後の痛みなのですね。自己暗示、一人洗脳を繰り返して、ブレイン・ロックを解除してください。毎日繰り返して脳に語りかけてみてください。効果は2~3ヶ月で出てくるでしょう。成功を祈る。
Commented by あおい at 2005-06-21 19:37 x
junk_2004jpさん、早速コメント頂ましてありがとうございます。自己暗示を頑張ってみます。未知なる自分の体の可能性を信じて。
Commented by elly at 2005-06-22 00:43 x
先生、リンクみてびっくりしてしまいました。
以前、私は自分の談話室で、慢性疼痛は一種のOCDだったと思う、だから自分なりの認知行動療法をするのが大事、と書いたのを覚えていらっしゃいますか?
自分だけの個人的認識だと思っていたんです。
違ったんですね!!!!!専門家もちゃんと認めてくださっている理論だったんですね、すごいびっくり!!!!
私、自分なりのこのOCDの解除の方法は、あのころ自己流でやっていたんです。今度HPにアップしようと思っていたのですが、ちょっと似た記事になってしまいますが、いいですか??
Commented by junk_2004jp at 2005-06-22 07:42
もちろんいいですが、この本はOCDについて書いてあって、痛みにはふれていません。しかし、慢性痛や不安、うつなどは脳の回路の不調であることは疑う余地もないので、私が慢性痛用にアレンジしたものです。


<< 急性痛も慢性痛も同じ理論の線上      いろいろ >>