2005年 07月 18日

痛みをとることを目的にした手術

痛みをとることだけを目的にした手術というのは理論的にありえないのです。きっぱり!!
なぜって・・・もしそういう手術があるとすれば、痛みが客観的にわかるということになります。痛みとはAn unpleasant sensory and emotional experience 、不快な感覚、情動体験なのですから、客観的なこととしてとらえることは決してできないのです。

「痛み、しびれ」と「麻痺」を混同して説明されることがなんと多いことか。この2つは全く異なった現象なのに。「痛み、しびれ」は自覚症状、主観的なこと。「麻痺」は他覚的所見、客観的なこと。

「麻痺」は筋力測定、腱反射、病的反射、筋電図、MRIなどの画像診断などで説明可能です。手術の適応はあります。

「痛み、しびれ」の画像診断は除外診断(悪性腫瘍、感染症、骨などの損傷でない)の意味しかありえません。


[PR]

by junk_2004jp | 2005-07-18 02:01 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by sansetu at 2005-07-18 10:10
先生、「痛み、しびれ」の除外診断の項目に、脳梗塞や最近話題の微小脳梗塞も加わると理解してよろしいのでしょうか。それとも脳梗塞の関連サイトで「自己診断表」などに記載されている「しびれ」とは、麻痺のことを言っているのでしょうか。たとえば「皮膚に布がかぶさっているような感じ」というのは、私も読んでいて理解に苦しむのです。それは明確な知覚の鈍麻なのか、それとも変なモワモワした感じはあるけれども、運動・知覚障害はない、ということなのか。
布がかぶさったようなしびれ感なら、私も先日、右手中指甲側に3日、続いて左前腕外側にスジ状のしびれを2日間感じました。知覚鈍麻・運動障害はなく、しびれ感だけだったのですが、こういう一時的なしびれと、微小脳梗塞との関わりは一体どうなのでしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2005-07-19 11:38
脳障害のしびれはどんな感じなのでしょうか?顔面にもあることが多いのかな?


<< 夜間痛      下行性疼痛抑制系 >>