心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 20日

うつと慢性の痛み

丸田俊彦著 「痛みの心理学ー疾患中心から患者中心へー」  中公新書

まず、慢性の痛みは抑うつ(うつ病)の症状であるとする考え方。この考え方が一番はっきり出ているのは、「仮面うつ病」の考え方です。うつ病にかかった患者さんが、意識的、あるいは無意識のうちに、周囲の目や体面を気にして、情緒的な症状を出したり訴えたりするのを避け、その代わりに体の不調や痛みを訴える。その身体的た訴えが「仮面」とたるため、特にその初期には、仮面の下にあるうつ病の診断がつきにくい。
・・・・・
二つ目は、慢性の痛みが抑うつ症状を招くとする考え方。この考え方を代表しているのは、慢性の痛みに伴う抑うつ症状を、反応性うつ病、あるいは二次的うつ病と呼ぶ場合です。私は、慢性の痛みに伴う抑うつ症状の大部分はこのグループに属すると考えています。少し脱線になりまさすが、私がその考え方に至った経緯を説明しておきましょう。
・・・・・
三番目は、慢性の痛みと抑うつは、共通した病理の違った表現形であるとする考え方。この考え方をする人に、デトロイトのブループーがいます。

慢性の痛みをうつ病の亜型であると考えるブループーは、うつ病を起こしやすい傾向の人があるように、(慢性の)痛みを起こしやすい傾向の人があると主張、「痛み傾向障害」という用語を提唱しました。そして、「痛み傾向障害」の患者さんとうつ病の患者さんの、家族歴(アルコール中毒、うつ病)、検査所見(内分泌系、特に副腎皮質ホルモソの異常)、精神力動的背景(依存欲求不満、代償性の独立心、罪悪感、怒り、〔精神的間題の〕身体化傾向)に、かなり類似点があると報告しています。

もし彼の仮説が正しいとすれば、慢性の痛みの患者さんの訴えは、うつ病の治療薬である抗うつ剤に反応するはずです。事実、ブルーマーの報告によれぱ、慢性の痛みの患者さんの80%以上が抗うつ剤で良くなるといいます。ただ、他の研究者の報告を見ると、治療成功率は必ずしもブルーマーが報告しているほど高くはありません。


[PR]

by junk_2004jp | 2005-07-20 15:34 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by keisyan at 2005-07-20 19:59
抗うつ薬・・・どんな薬もそうでしょうが、種類(成分)、飲む量、飲む期間、効いてくる時期・・・劇的に効く人もいるのでしょうが、そうでない人は選択が難しいですね。 効かない20%の人なのか、種類や量や服薬期間に問題があるのか・・・医師と患者の信頼関係と、いろいろ試してみるという根比べか^_^;
Commented by elly_mylove at 2005-07-20 23:11
先生。今私の日記にも談話室でもその話してたんですけど。。だから書いてくださったのかな?もしかして。。。

今日日記を更新して、血液検査の結果を書きました。
明日もまたそれについては書こうかな。。と思ってます。

先生、私、うつ病に偏見をもっているわけじゃないんですけど。。
寝たきりになりながら数十冊の本を書いた柳澤桂子さんが、生命エネルギーの低くなったうつ病患者だとはどうしても思えないし、
私自身、性格は人一倍明るかったので、痛み傾向があるからといって、うつ病傾向があったとは考えずらいんです。
どうしても、何か違うメカニズムが働いているような気がします。

でも。。。。
私は抗うつ薬が鮮やかに効くし、今日の血液検査もそれを裏付けるものでした。
不思議すぎるなあ。
Commented by junk_2004jp at 2005-07-21 00:33
そうです。ネタ拾いにいっています。^^


<< 神経症とうつ病は兄弟関係のようなもの      夜間痛 >>