2005年 07月 23日

痛みのエビデンス?

痛みの定義

An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.

痛みとは個人のexperience (経験、体験)です。つまり、患者さんが「痛い」といったらそれが「痛み」なのです。

このように定義される「痛み」にエビデンスがあると思いますか?あるはずがないのです。アメリカなどの外国では、いろいろな治療のアウトカムを調査してエビデンスの強度のように発表していますが、疑問です。

その国の、その当時の人の平均的な治療効果の傾向ということです。内閣支持率みたいなものです。時や所が変われば、また質問のしかたが変われば何とでも変化するでしょう。

痛みを治療するものにとって、何をよりどころにすればよいでしょうか?私は痛みのメカニズムに基づく以外にないと思っています。mechanism based medicine

たとえば、「神経が圧迫されると痛い」という生理学はありません。しかしそう信じ込んでいる人に対する治療は、考えを改めることからはじめるべきなのです。そこが難しいのです。医者がそういってるのだから・・・。

痛みの生理学は近年、めざましい進歩をとげているそうです。それを臨床に生かすにはまだまだ壁が厚く時間がかかるのでしょう。


[PR]

by junk_2004jp | 2005-07-23 07:43 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by comomo at 2005-07-23 20:39 x
こんにちは、加茂先生。
EBMより、患者さんの「主訴」ということですよね。村上春樹の小説『ねじまき鳥クロニクル・三部作』新潮社(1994~1995初出)のなかに、加納クレタ・マルタという姉妹が登場します。(テキストまたもや家庭内行方不明)たしかマルタがアロディニアというか痛覚過敏というか、他覚所見のない痛みの持ち主で、月経も性交もなにもかもが痛い。その彼女が叫ぶんです。「わたしが痛いといったら、痛いのよ」。あるとき彼女は痛みを手放すのですが、わたし自身も痛いときに読んだので印象が深く、よく思い出します。
Commented by comomo at 2005-07-23 20:55 x
2行目ちょっと違いますね。患者さんの「主訴」に耳を傾けて、EBMのある治療ですよね。失礼しました。
Commented by ばぶ at 2005-07-23 21:35 x
こんばんは
患者が痛いといったら痛いのです!!
そのような診断をしてくれる医者が、どうしてふえないのでしょう。。

「神経が圧迫されると痛い」という生理学はありません。
加茂せんせいは、何度もおっしゃるのですが「神経が圧迫されると痛い」
といわれると 妙に納得してしまいます。
実際に その部分を触ると痛いのです。
痛みのメカニズム 
わかるけど わからない
とにかく 痛いのは痛い です。
Commented at 2005-07-23 22:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ヒザ関節痛「医者いらずの快適生活術」      神経症とうつ病は兄弟関係のようなもの >>