心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 08日

専門医が治療方法を大きく変えるよう

ほとんどの場合、腰痛や下肢痛は脊椎に原因があるのではありません。医者がそう思いこんでいるだけなのです。

脊椎の病気でないのに、脊椎の専門医が根拠のない診断をくだしているのが現状です。
今日は2名みました。

70歳代、女性、4月に腰の手術をするも、良くならず。専門医はMRIをみてよくなっているというが、痛みは続いている。何もしてくれない。体を触ったりして診察をしてくれない。

40歳代、女性、2年来の腰痛、複数の腰椎専門医に診てもらっていたが、ヘルニアをとっって固定術するしかないような診断を受けていた。

圧痛点をしっかり確認してブロックして、できなかった動作ができるようになる。痛みの原因は筋・筋膜性疼痛なのです。

専門外科医への早期紹介を減らすことを推奨した。

専門医が治療方法を大きく変えるよう


[PR]

by junk_2004jp | 2005-08-08 19:24 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 94年前の仮説      ヘルニアのせいといわれている痛... >>