2005年 08月 27日

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)

筋筋膜痛症候群という病気は、まだすべて原因が解明されたわけではありませんが、外傷や筋肉炎などのあとで、慢性の深部の痛みと、そこから関連痛として考えうる痛みが続くものをいいます。シモンズが診断基準(表2)をあげており、私どもも原因不明とされていた慢性痛の中に、数多くこの症候群を認めています。治療は原因筋を同定することから始めます。つまり、丹念に痛みを訴えている部分の筋肉を触診し、硬さや圧痛点の有無を調べるのです。原因筋には必ず索状に硬くなった部分があり、そこが庄痛点となることが多いので、そこへ局所麻酔剤を注入(ブロック)します。

診断が早げれば、治療効果は劇的で、一回の圧痛点ブロツクで痛みが消失することもあります。Jさんの場合、長い間無理を続けていたため慢性の筋肉疲労と広い範囲での筋硬結(筋肉のしこり)があり、圧痛点ブロックの効果は劇的ではありませんでした。しかし同時に心理的にも対人不安が強かったため、温めてマッサージする物理療法とともに、心理療法を加えることによってしだいに痛みは改善していきました。この筋筋膜痛という病態はあまり有名ではありませんが、実際の痛みの臨床場面では多くみられます。特に痛みを扱う医師にとっては、こういう病態があるということをまず知らなければなりません。そうでないと患者さんに対する対応がうまくいかないことになります。
 
脳の痛み 心の痛みー慢性痛からの開放をめざしてー
          
                  北見公一   (三輪書店)


最も身近であって、最も縁遠い「筋痛症候群」 

___________________

外来で診ている痛みはほとんどが筋筋膜性疼痛症候群です。圧痛点をブロックすると痛みがやわらぐということは、筋筋膜性疼痛のひとつの証拠です。それは、生理学的にも薬理学的にも合理的な説明がつきます。

急性の場合は劇的に効きますが、強い不安や抑うつが原因の筋筋膜痛の場合は、それだけでは治癒しないことが普通です。また、補償のからんだケースも難しいことがあります。

転換性障害(ヒステリー;身体表現性障害)は筋筋膜性疼痛かどうかは疑わしいです。

慢性化したものにたいしては、心身医学的立場で、治療が必要です。筋筋膜性疼痛症候群は心理・社会的要素が背景にあります。


[PR]

by junk_2004jp | 2005-08-27 13:55 | 痛みの生理学 | Comments(12)
Commented by スージー at 2005-08-27 14:49 x
この、北見先生というかたは、札幌のかたですよね?
加茂先生はこのかたの本をお持ちなのですか。
それとも、どこからかの引用でしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2005-08-27 15:07
そうですね。

本はもっています。ライフログにありますよ。
Commented by スージー at 2005-08-27 15:13 x
ありがとうございます。
加茂先生と同じ視点で痛みをとらえて、治療をしていると考えてよろしいですね。
Commented by keisyan at 2005-08-27 16:02
北見公一 で検索したらHPがありますよ。
専門は頭痛のようですが、あとはサイトを見て判断するしかないのでは?
Commented by junk_2004jp at 2005-08-27 17:40
残念ながら、この先生のヘルニアの説には反対です。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_160.htm
Commented by elly_mylove at 2005-08-27 18:23
昨日のことになりますが、首から肩の筋肉がとても凝っていて、右手のひじと小指、薬指が痛かったのですね。
痛み止めを飲んで、抗不安薬を飲んで、それでもさっぱりしなかったので思い切ってジムにいってほんの20分ほど運動とストレッチをしたら、血行がよくなったのか首はすっきりしなかったけれど、指やひじの痛みはきれいに取れました。つまりこれが関連痛というものか、と納得したものです。

整形では、ヘルニアが頚椎の下のほうにあるから、、、と説明されていて、ずっと長くそう思っていたのですが、筋肉の緊張でも指が痛くなることってあるんだな。。。。とあらためて思いました。
慢性の筋肉の凝りというか、怪我というか、固く繊維質になったのを治す効果的なお薬ないのでしょうか。最近はやりのボトックスとか駄目ですか?
Commented by junk_2004jp at 2005-08-27 18:34
エリーさん、そんなのを関連痛というのではありませんよ^。

関連痛というのは、どこかの圧痛点を押さえたときに、他にひびいて感じる痛みのことです。

エリーさんの場合はたぶん、頚や肩や肘や手指に等価の圧痛点ができたのだろうと思います。

いい薬はないです。筋弛緩剤・・・
Commented by elly_mylove at 2005-08-27 20:25
そうだったんですね。でも、私、首が痛いときによく首のポイントを抑えると腕やひじや指が痛くなるので、これかな?とおもってました。
びりびりっとひびいてしびれてくることもあります。
あと、腕の内側の筋肉が痛いときにそこを抑えると、親指が痛くなったりします。これは関連痛ではないですか?

筋弛緩剤にいい薬ってないんですね。ボトックス興味があったのですけど(首が斜めに傾いているのに、保険で治療できるかもしれない。。と教えてくださる方がいらしたので)駄目なのかな。
首の筋肉は、時々動かすとポキポキ異様な音がして、柔軟性を失ってピアノ線のようになっているので、自分でもすごく気持ち悪いんですよね。。。なんとかならないかしら。
Commented by junk_2004jp at 2005-08-27 20:37
診ていないで想像でコメントしてごめんなさい。
前腕や指に圧痛点がありますか。圧痛点のあるところは関連痛ではないと思います。

ボツリヌス治療のことですか?
Commented by スージー at 2005-08-27 21:31 x
北見先生のHPは、必要があって、だいぶ前に見たのですが、一般的な病院の設備や簡単な治療の紹介で、えるものはありませんでした。

ここまでわかっていて、何で下肢については神経圧迫ってことになるんでしょう、、。残念です。
Commented by junk_2004jp at 2005-08-27 22:00
この本もたいへんよい本で参考になるところが多いのですが、ヘルニアのところはいただけません。

サーノ先生の本も、多いに参考になりますが、疑問に思う点もあります。それが、曖昧系自然科学の医学というものでしょう。こういっている私も3年後はどういっているかわかりません^^。
Commented by elly at 2005-08-27 22:59 x
あるときもあればないときもあります。
腕にはときどきありますが、指に圧痛点はありません。
首が痛くなると指がしびれたり痛くなったりします。
以前はヘルニアの痛み。。。と思っていたのですが、血流がよくなって首や肩の緊張がとれるとよくなるので、これが関連痛というものか。。。と思っていました。
そうです。ボツリヌス治療のことで、進めてくださる方がいらっしゃったのですが、どんなものかな。。と思いました。


<< 痛みの診断      痛みを数値化 世界初の医療機器... >>