2005年 08月 31日

異なった教育を受けた医師が診たら

もし,異なった教育を受けた医師が,同種の症状に対して異なった評価基準を用い,異なった診断を行うならば,転帰を正確に評価することはできない。

この言葉はとても意味のある言葉です。現在の腰痛をはじめとする筋骨格系の痛みを診断したり、治療したり、ガイドラインを作成ている医師は内外を問わず、いわゆる整形外科的な教育を受けた医師なのです。

たとえば、腰痛や下肢痛の場合、ほとんどは筋筋膜性疼痛なのですが、(つまり筋肉に注目しなければいけないのですが)それを脊椎専門医が自分の領域の疾患だと思い込んでしまっているのです。筋硬結という言葉さえ聞いたことがない医師が、診断、治療していても不思議ではありません。

このような歪み現象があるかぎり、海外のガイドラインや日本の「椎間板ヘルニアガイドライン」は根本からあてになりません。

神経根性疼痛、神経根刺激症状これらの言葉を用いて、痛みを説明しようとしていますが、これは生理学的常識からかけ離れているのです。

どの患者がどの治療法によって恩恵を受けるかを判定するうえでの問題点は,疼痛の診断・治療用語が統一されていないことである。適切な治療法の選択には共通の言語が必要である

まさにそこからはじめなければいけません。

違った教育を受けた医師が「腰痛、下肢痛」を診断、治療したときまた異なったガイドラインができることでしょう。


[PR]

by junk_2004jp | 2005-08-31 13:25 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by keisyan at 2005-08-31 18:24
サーノ博士も小児科・リハビリテーション医学が専門でしたね。


<< 急性疼痛の治療により慢性疼痛の...      ストレスが招く視力低下(北國新... >>