2005年 09月 13日

脊髄終糸症候群

TV「本当は恐い家庭の医学」でやっていたそうなので。私は、脊髄終糸症候群という概念に??。どう思いますか。

本症は診断の決め手となる特徴的な所見に乏しく、診断は除外診断によるとされ、積極的診断は困難であった。・・・・ということです。ますます怪しいですね。痛みの生理学(痛みのメカニズム)からは説明できません。

b0052170_2351465.jpg

b0052170_256651.jpg

b0052170_23523018.jpg

頻尿、残尿感、下痢、便秘をふつう「膀胱直腸障害」とはいいません。
これが真実なら、校医は学校検診で選別すべきなのかな?
b0052170_23551821.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2005-09-13 23:54 | 痛みの生理学 | Comments(4)
Commented by elly_mylove at 2005-09-14 18:53
初めて聞きました。いったいなんですか?
脊髄が細くなっているという病気ですか?
Commented by junk_2004jp at 2005-09-14 20:35
脊髄終糸とは、脊髄の最末端から、紐状に伸びていて脊柱管の末端の硬膜についているのかな?図をみてください。だれにでもあります。

こんな病気ないですよ。
Commented by runa123 at 2005-09-14 22:49
いつも勉強させてもらっています。
終糸症候群?馬尾症候群とは違うのでしょうか??
Commented by junk_2004jp at 2005-09-15 00:31
馬尾症候群とは違うと思います。


<< 脳はいろいろ      時代遅れの医学教育 >>