心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 17日

手根管症候群の治療は不用

手根管症候群の治療は不用

手根管症候群とは、手根骨と横手靱帯によって形成される空間で、正中神経が圧迫されて、掌側の拇指~第4指の半分がしびれる。夜間に強い。手を振ると軽減、手関節の軽度背屈位でシーネ固定で軽減。・・・・・教科書的にはこのような記載がされています。

これはどうもあやしいです。神経症状ではないと思います。神経症状とは神経が絞扼されて麻痺を呈することで、神経脱落症状ともいいます。

絞扼性神経障害の代表的なものとして「肘部管症候群」があります。
b0052170_1195325.jpg

この写真は肘部管症候群のものですが特徴的な筋萎縮neurogenic muscle atrophyがみられます。第4指の半分と第5指は知覚脱失(無感覚)です。

一方、手根管症候群は明らかな筋萎縮はみられませんし、知覚脱失もみられません。これを肘部管症候群と同じ絞扼性神経障害に分類するべきではないと思います。

知覚脱失(無感覚)もジンジンも「しびれ」と表現するからややこしいのです。

絞扼性神経障害は基本的には保存的治療で改善しないと思います。一方、手根管症候群はなんやかややっているうちに治るものです。

手を振ると楽になるということから、きっと血行に関係しているものと思います。神経に伴走している静脈が手根管の部分でなにかしらの影響で流れが悪くなるのではないでしょうか?手をふれば、体温計の水銀のように手に滞った血液が流れるのではないでしょうか。


[PR]

by junk_2004jp | 2005-09-17 01:38 | 痛みの生理学 | Comments(8)
Commented by long-field at 2005-09-19 21:34 x
多くの教科書にも書いてありますが,母指球の筋萎縮は明らかだと思います.先生が筋萎縮がないとおっしゃる根拠は何かあるのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2005-09-19 22:13
正中神経麻痺は母指球の筋萎縮はありますが、手根管症候群ではみたことがないのです。
Commented by long-field at 2005-09-19 22:54 x
母指球の筋萎縮のみの正中神経麻痺の場合,その障害部位はどこなんでしょうか.
痛みのない神経症状のみの手根管症候群もあると思うのですが.
Commented by junk_2004jp at 2005-09-19 23:29
円回内筋症候群、前骨間神経症候群なんかは正中神経麻痺でなかったかな。
Commented by long-field at 2005-09-20 00:03 x
胸郭出口症候群や梨状筋症候群に否定的な先生が,円回内筋症候群を認めるとは少し驚きです.
前骨間神経麻痺では母指球の萎縮は起こりませんよね.
Commented by junk_2004jp at 2005-09-20 00:06
前骨間筋は親指と人差し指で○ができないやつでしたか。円回内筋はどんなのになるの?
Commented by long-field at 2005-09-22 00:21 x
“症候群” というのがクセモノのようです.
異なる病態でも同じ病名にしてしまうので混乱するのだと思います.
Commented by junk_2004jp at 2005-09-22 17:29
そうですね。


<< 腰椎ヘルニア診療ガイドラインについて      むずむず脚症候群 >>