2005年 10月 12日

ヘルニア手術の予定が・・・

Yさん

経緯を簡単にご報告いたします。
本年、X月Y日出張先の○市にて激痛。歩行困難となる。3日後知人の勧めでA病院受診、手術を勧められ了承。手術日X+1月○日に決まる。・・・・家族に伝えたところ手術を反対され、自分自身もできることなら手術は避けたいと思っていたので、X+1月○日の手術はキャンセルとする。

しかしながら、その後1ヶ月間、安静に務めたが改善が見られず、X+3月△日にA病院にて、手術を受ける予定で自宅療養中、現在に至る。
・・・・・・・・・・・・・
移動に自信がございませんので、付添人の予定が取れ次第伺いたいと存じます。


Yさんは他の病院でも診察を受け、手術の必要があると言われています。Yさんは当院に着いたとたんに、痛みが軽くなってしまいました。服用していた消炎鎮痛剤もいらないとのことです。

ヘルニアを指摘されるということは、腰の神経にトゲがささったようなイメージを受け、身動きがとれなくなってしまうものです。不安がいっぱいになってしまいます。

痛みの原因はヘルニアではなく、心理社会的な原因による筋筋膜性疼痛症候群なのです。だから、当院に来たことにより安心して楽になったのでしょう。

私のHPを読んり、本を読んだりしただけでよくなる方もいるのですから、このようなことは何も不思議ではありません。

http://junk2004.exblog.jp/d2005-08-08


[PR]

by junk_2004jp | 2005-10-12 19:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by sansetu at 2005-10-13 14:48
その、A病院でこのような診断をきっと今も、し続けているであろう医師たちにこそ、読んでいただきたいものですね。その患者さんの思考力のまともさと、石川県までやって来た実践力を祝福いたします。前向きな人はいいですね。病気を克服する基本だと思います。嬉しい記事でした。
Commented by junk_2004jp at 2005-10-13 16:08
思い込み based medicine (OBM) ですね^^。

思い込みって英語で何というのだろう?stigma?
「あ」さん見てたら教えて。
Commented by elly at 2005-10-13 19:38 x
わたしのことかしら。日本語の思い込みにあたる適当な訳語はないのだけれど。。。
prejudice 偏見 先入観 事前の判断
でしょうか。
pre 事前の
judge 判断
というふたつの単語が合体した言葉です。
Commented by junk_2004jp at 2005-10-13 20:54
ellyさん、ありがとうございます。ではPBMですね。


<< 腰痛      椎間板の変性 >>