心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 11日

外傷を契機にはじまった痛みⅡ

b0052170_12385176.jpg
下肢打撲によるminor reflex dystrophy / 22歳、女性。1年近く前、階段から落ちて左下腿部を打った。X線で骨折所見は認められなかった。以来受傷部下肢広範に、しびれと痛みがあり、一部に腫脹や皮膚発疹が常時見られる。圧痛点への局注と腰部での交感神経ブロックを3回行い、ほとんど治癒した。・・・ペインクリニックの実際/兵頭正義著 S49年

30年前の教科書のような本からです。このころは、まだペインクリニックなんてほとんど知られていませんでした。

外力が痛みの発生の引き金になったのです。もし、骨折があっても同じ運命だったかもしれません。骨折の有無には無関係なのです。

骨折が合った場合は、本人は「骨折が原因で、痛みがおきた。」と思われると思います。また、その表現は正しいのですが、生理学的には痛みに関しては、骨折があってもなくてもいいのです。

同じことがヘルニアにもいえるのではないでしょうか。

「損傷モデルは失敗だった、人間工学的介入の効果は期待できない」これは、最近の文献でよくみられるものです。つまり、ヘルニアが痛みの原因になることはないということなのです。


[PR]

by junk_2004jp | 2005-11-11 13:10 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by c-dunk at 2005-11-11 21:46
しーです。当地結構いなかなので、仕事以外の時間が、消防団やら商店街で忙しいのですが、仕事中はたしかに暇です。ブログ始めてみました。リンクさせて下さい。またウソが書いてあったらご指摘ください。
Commented by junk_2004jp at 2005-11-11 22:12
よろしくおねがいします。リンクしました。
Commented by c-dunk at 2005-11-11 22:49 x
ありがとうございます。先生のおかげでです。


<< 私のHPをよんでよくなってきたAさん      外傷を契機にはじまった痛みⅠ >>