2005年 11月 15日

慢性痛はどこまで解明されたか

[慢性痛と運動系~運動器の痛みを探る~公開シンポジウム ]でお目にかかった、三木健司先生牛田享宏先生らが書かれている「慢性痛はどこまで解明されたか」を読みました。

慢性痛についていろいろな角度から144ページでまとめてあります。専門書ですが慢性痛の人でも読めるのではないかなと思います。

        Ⅰ 痛みへの新しいアプローチ
        Ⅱ 基礎医学から慢性痛を解明する
        Ⅲ 慢性痛治療の具体的戦略

b0052170_1332711.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2005-11-15 13:33 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by c-dunk at 2005-11-15 21:58
吉井吉英先生が、むち打ちで慢性痛を経験されてたとは、知りませんでした。
Commented by junk_2004jp at 2005-11-15 22:03
ゴルフへいく時、私も経験しました。そのまま、ゴルフをしましたが、なんか変な感じでした。ま、なにごともなかったですがね。
Commented at 2005-11-16 09:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2005-11-16 17:47
cさん、吉井→中井吉英先生。
kさん、はい。



<< 「サーノ博士のヒーリングバック...      痛みについて >>