2005年 11月 17日

痛みのエビデンス?

これは前にも書いたのだけど、痛みの定義は

An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.

痛みとは、experienceつまり体験、経験なのです。他人の体験、自分の体験なのです。

夢と同じですよ。夢も個人的な体験ですから、「そんな夢を見るはずがない」なんていうことはできませんね。他人の夢にエビデンスを求めることなんてできるはずがないです。

エビデンスがあるとするならば、否定的なエビデンス(「~とは限らない」)です。このことに気づくべきです。

ガイドラインはエビデンスによって書かれますが、「痛みに関するガイドライン」は十分に注意する必要があると思います。

痛みの治療はとても個人的なもの、オーダーメイドなのだと思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-11-17 00:41 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< ステロイド      「サーノ博士のヒーリングバック... >>