心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 24日

どこまでが腰?

b0052170_23304331.jpg
最初に、腰部が身体のどの部分にあたるかという定義について述べる。腰部は第12肋骨から下で、腸骨稜より上の部分であると考えられる(図1)。

腸骨稜より下から殿溝までの殿部では、腰痛以外にも根性痛によって痛みが出る場合もあるため、腰部と殿部は区別した方がよい。


人体に県境のような線はないです。どこかの線を境に理論が違うということは考えられません。

根性痛とはいったい何でしょうか?「神経根を圧迫したときの痛み」ということなんでしょうが、これは生理学的に認めるわけにはいきません。

腰にきている知覚神経も当然、神経根があるのですから、もし「根性痛」を認めたとしても、この論法はおかしい。

背中と腰、腰とお尻、肩と背中、背中と頚、などの境目は法医学的表現には区別があるのかもしれませんが、生理学的には区別できません。

私はこのように思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-11-24 23:48 | 痛みの生理学 | Comments(7)
Commented by c-dunk at 2005-11-25 17:56
続・腰痛をめぐる常識のウソにイギリス、北欧、ドイツの腰痛の局在という図が出てます。「腰痛」や「腰」は他人様々である。
Commented by keisyan at 2005-11-25 18:04
腰部、臀部、仙骨部・・・ですか^_^;その境目が痛かったらどうするのだろう?
私は「どこが痛い?」と聞かれたら口では「腰です」と言いますが、実際には「ここ!」と触って示すしかないですね。
センセはご自分のおでこと頭の境目がわからないそうですよん(^^ゞ
Commented by junk_2004jp at 2005-11-25 18:34
たしか、眉から上は頭部でなかったかな?
Commented by keisyan at 2005-11-25 18:39
え、そうなの?
解剖学か法医学か生理学かは判りませんが・・・おでこという概念はないのですか?
Commented by junk_2004jp at 2005-11-25 19:19
ゴリラを思い浮かべて。眉の上がすぐに頭でしょ。だから、おでこは頭の一部。
Commented by keisyan at 2005-11-25 19:25
なるほど~、良かったね(なにが~?)
Commented by sion at 2005-11-25 23:00 x
私も今回の腰痛の時は(も?)、整形外科でどう説明すればいいんだか迷いました。
仙骨から尾骨まで痛いときと、尾骨だけが痛い時と、臀部のここそこが痛い時と、仙骨と臀部の間が痛い時と。
結局腰痛症だって^^;
今はブログの絵の中にある、「境目」にゴリゴリとしこりのような、コリが幾つもあります。・・・どうしてくれる?!笑
筋肉のトラブルと分かっているから「コリ」と表現できるのだと思います。
トリガーポイントブロックしたら気持ちいいんだろうなぁ~

ところで先生はおでこと頭の境目・・・のようなお話を、診察室などでしてるんですか?私が入院している時にも、今でも思い出したら(゚m゚*)プッとなる話を覚えています。
先生って頭が柔軟な分、ホント面白いですよね~~~ww


<< 椎間板性疼痛      肩関節周囲炎、上腕骨外側上顆炎 >>