心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 14日

興味あるページ

http://www2j.biglobe.ne.jp/~fkamiya/HB/C12_57.html

このページの図は興味あります。認証画面が出てびっくりしますが、安全ですから^^。

後根神経節って何なんだろう?知覚神経の細胞体?と思っていたのですが、神経節といえば交感神経ではジャンクションですよね。

知覚神経のときは細胞体てこと?

運動神経の細胞体は脊髄前角の中にあるから外観的には見えないということ?

ヘルニアのときこの後根神経節への影響をいうことがあるのですが、それなら前根(運動神経)は無関係ということですよね。

b0052170_15395177.jpg
この図で脊髄は私が書き込んだのですが、知覚神経は脊髄後角、運動神経は脊髄前角でシナプス形成しています。

髄鞘が書いてありますから、Aδ繊維です。病的疼痛で問題になるのはC繊維で髄鞘はありません。ヘルニアで脱髄がおきているというのは、論外です。

図では、介在ニューロンで、痛み刺激で反射的に筋が収縮することが理解できます。(脊髄反射)
[PR]

by junk_2004jp | 2005-12-14 13:00 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 大腿骨骨頭壊死      プラセボ >>