心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 06日

治る人、治らない人、他に出る人

みのもんたさんの腰痛 その2 儀式

20代のころのこと。大学時代の親友が、腰椎ヘルニアの手術をしました。一部上場企業の総合職としてバリバリ働いていた、男勝りの友人でした。横断歩道の途中でも、座り込みたいほどの足の痛みがあって、あらゆる代替療法でもよくならない。。ということで、かなりひどい状態で入院したのに、手術の次の日にお見舞いにいってびっくりしました。本人がスタスタと歩いて、洗濯物を干していたんです。にこにこ笑いながら、ヘルニアっていうのは、神経が圧迫されていて痛くなる病気だから、圧迫がとれたらあっさり治るって外科のお医者さんにいわれたの。とうれしそうでした。


このようなことは何回か経験したことがあります。かえってヘルニア原因説に疑問を持たせるものです。長く圧迫を受けていたものが除去したからといってすぐに回復するとは思えないのです。

もし、痛みの回復が無い場合は、「神経が癒着していたので、回復には時間がかかります。」というような説明がなされるものだと思います。もしそうならば、ヘルニアの手術はできるだけ早く行うべきでしょう。

手術が効く効かないは、脳の個人差ではないでしょうか。催眠術、サイババ、心霊手術、などなど効果には個人差がありますね。

医学は、痛みのメカニズムを解明して、手術の効果についても、合理的に説明しなくてはいけません。不安をもっている人が多いわけですから。

今日はこの方が膝に水がたまって来院されました。今は、腰や下肢の痛みは全くありません。ヘルニア(といわれた痛み)が治ったあと、胃潰瘍になって治療をしたそうです。それが治った昨年12月初旬ごろより膝が痛くなり、年末に雪かきをしていて急に動けないほどいたくなりました。

実直そうな方で、五分刈りの頭には円形脱毛がありました。

「何でも一人で背負い込まないで、気楽にいきなさいよ。」とアドバイスしました。このように、一つ治ればまた一つと心身症が形を変えて出てくることがあります。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-01-06 16:15 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by はにわ at 2006-01-07 17:34 x
圧迫による痺れ・麻痺ならば除去してもすぐには治らないかもしれない。しかし、刺激による痛みならば除去すれば比較的早期に痛みがとれる可能性はあるのでは?神経根に針をさしたら痛みが出るが抜いたら痛みが取れるのと同じなのでは?
自分が治療してよくなったものには得意げなのに(インターネット上に公開するくらい)他人の治療に対しては否定的な意見が多いですね。本当に治ったかどうかは患者本人にしかわかりません。医師も含め周りが言うことではないのでは?気楽にいくのが大事なのは一つの選択肢としては同感。
Commented by junk_2004jp at 2006-01-07 18:25
刺激による痛みというのは、神経根を刺激した時の痛みということですか?神経根に受容器がないので理解できませんが。

針をさしたときは急に脱分極がおきるのではないでしょうか。それといっしょにはできないと思うのですが・・。どうでしょうか。

得意なげにといわれればそうですが、そんな方法でも治るという情報を発しているのです。

痛みというのは本人しか分かりませんね。だから、難しいです。しかし、やはり、納得したいわけです。なぜ治ったのか、なぜ、治らなかったのかを。

たとえば、鍼、カイロ、AKA、・・・いろんな方法で良くなる人や良くならないひとがいます。

人それぞれで片付けるとすれば、あまりにも医学はなさけないです。また患者さんにとっても、いったいどうすればよいのか困るとおもいます。


<< ある掲示板より      用語の統一、再教育 >>