2006年 01月 06日

ある掲示板より

手術が終わりました。痛みがスパッとなくなりました。医者曰く、神経の一番痛い部位に当たっていたそうです。又、長期間圧迫されていたので神経が数ミリ傷ついていたので痺れは残るかも、との事です。保存に頼りすぎるのもいけない事もあるのかもしれませんね。


神経の一番痛いところってどこなんだろうか?

長期間圧迫されていたので神経が数ミリ傷ついていたので・・・神経因性疼痛(CRPStypeⅡ=カウザルギー)だとでもいうのか?それが手術でスパッと治るとは?

保存に頼りすぎるのもいけない事もあるのかもしれませんね。・・・・ならば、ヘルニアをみつけたら、そのようなこともあるという説明をすべきだと思うが、そのような勧告をすすめる文献を見たことがないが。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-01-06 20:45 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 痛みとは      治る人、治らない人、他に出る人 >>