2006年 01月 19日

痛みと構造(損傷)は分けて考える

加茂先生との往復書簡   頚椎ヘルニアであることを祈っていた私

頚椎捻挫をきっかけに起きた私の痛みは、事故のあと数ヶ月たってからが一番つらい時期でした。痛みそのものの強さは、やはり受傷から一月以内が一番ひどかったと記憶しているのですが、最初私はむしろしっかりしていて、痛みをそれほどの苦痛と感じていませんでした。数ヶ月たってから、だんだん、24時間お休みなしに続く疼痛に、体力的にも衰えて、精神的にも憔悴しきって、なぜ治らないんだろう、このいやな痺れはどこから来るんだろう。。とまったくよくならない症状に混乱してきたのを覚えています。
外力が加わった場合、損傷があろうがなかろうが、神経性炎症を起こし次第に連鎖的に増強、広範になっていくことがあります。これは怪我したときに次ぎの日の方が痛く、腫れもひどいということです。
b0052170_1212714.jpg
痛みは火事に似ているのです。すぐ消えるかもしれないがいつまでもくすぶり続くかもしれないし、大火になるかもしれないのです。理論的には早期に消火すべきなのですが・・・。医師は痛みの診断と損傷の診断を分けてすべきなのです。そしてそれをリンクしないことです。
痛みのメカ二ズムを考えるとき、痛みが長く続くにしたがって、抑制機能が利かなくなって、小さな痛みでも拡大されて脳に伝わるということをずっと後になって学んだのですが、今思い出すとまさにそんな感じがします。
脊髄後角におけるゲートコントロール理論ですね。他の感覚と違うところです。
けれども症状はひどくなっていったのに、そのころ通っていたお医者さんから、わたしは見放されつつありました。最初のレントゲンで頚椎捻挫ということがわかったものの、痛みをとる治療は、シップとお決まりの牽引装置や低周波などしかなすすべをもたなかった地元のクリニックでは、通っても通っても不定愁訴が増える一方の私を、困り者のやっかいな患者として持て余していたのでした。
説明の手段(言葉)、治療の手段を持っていないとそういうことになります。レントゲンで分かることは骨折の有無ですね。明らかな脱臼も分かりますが、その時は大変な状態です。

そんなある日、ますます異様な痛みとしびれに襲われた私は、きっと何かが起こったに違いないから、MRIを撮ってください、と整形で訴えます。確かに症状がひどかったので、結果的にMRIは撮影されて、私は頚椎ヘルニアの確定診断を受けたのですが、その結果を待っていた私の心理は今思い出しても独特でした。
構造診断ではヘルニアということになったのですが、それでもって症状を説明することは不可能です。ヘルニアがあっても無症状の人もいますし、ヘルニアが無くても同じような症状に悩んでいる人がいます。また、生理学的にもうまく説明できないのです。ヘルニアは今回の事故でなったかどうかを証明はできませんが、今回の事故でなったのかもしれません。それを判断できる人はいないのです。ま~、泥水をかけて汚しておいて前から汚れていたのだろうというのと似たようなことですね。

こんなに痛いのだから、何か異常が写っているに違いない。きっとヘルニアだろう。そうであって欲しい。大げさに痛みを騒ぎ立てている神経症患者のように扱われるのは沢山だ。とにかく、何か異常が写っていて欲しい。病院の冷たい待合室の椅子に座りながら、私は、自分のMRIの画像に、医療関係者が見てもこれなら仕方ない、とみなが納得してくれる異常が写っている事を、一心に祈っていたんです。事実めでたく異常が確認されて、望みどおり晴れて私はヘルニア患者になったわけですが、それでも実際に医師からMRIの画像を見せられて、ほらこのとおりヘルニアがありますね。痛みやしびれはそこからでしょうね。と膨らんだ椎間板を見せられたときには、「これで自分の体には、取り返しのつかない損傷が出来てしまったのだ。」とやはり一種の喪失感がありました。
その気持ちはよく分かります。医者も喜んだのではないですか。とりあえず、それでなんやかや、痛みの説明ができるので・・・・。

あのころの、あの自分が病気である事を一心に願っていた特殊な心理状態を思い出すとき、怪我の大きさや種類と、痛みの大きさを比例させて考える事は間違っている。と心から思います。痛みは構造の異常から来るものだ、と、それのみにとらわれて、必要のない手術をしてしまうこともとても危険なことだと思いますが、怪我の大きさがそれほど大きくなければ(たとえば頚椎捻挫で言えば、ヘルニアになっていなければ)痛くないはずだ、という捉え方も、患者の心と体をひどく追い詰めるものだと思うんです。ずいぶん後のことですが。。
そうなんですよ。痛みと構造(損傷)は別問題なのです。もちろん比例しません。構造上異常がないからといって痛みがないということでもないし、構造上に異常?があるからといって痛いということでもないのです。医者は2本立てで診断しないといけないのです。構造上の異常?は治す必要があるのかないのかということです。

ま~骨折や悪性腫瘍以外が見えなかったほうがいいですね、あまり拡大して写真を撮られるのはいやでしょ(w)。

慢性の痛みについて、ある文献の一節を読んでいました。「慢性疼痛の患者の治療は、周囲に痛みをわからせようとする痛み行動の減少に力点を置く。。。それには、オペラント行動療法によって、痛み行動をとらずに充実した一日を過ごせばほめてやるなどの条件付けがかかせない。。」との文章に、「ほめてやるだの条件付けだの、この文章はいったいなんだろう。私は、犬じゃない。」と
構造と痛みをリンクしていればそう思うことでしょう。外傷によって(特に人にやられた場合は)痛みが始まった人にとって、このことを理解するのはとても難しいことだと思います。

MRIの結果を待っていたあのころの私の、「信じて欲しい。」という悲しいまでの気持ちを思い出して、怒りに駆られたのを覚えています。
痛みはMRIでも見えないのです。だから、傾聴、共感、受容、支持、保証なのです。

[PR]

by junk_2004jp | 2006-01-19 13:26 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 「痛み」評価は診療の義務      ヘルニアガイドラインより >>