心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 08日

もうこうなったら患者が医者に教えるほうがはやい

掲示板では、慢性の痛みの患者さんが心療内科を訪れても診てくれなかったり、3年前から心療内科に通院している人が腰の手術を受けてよくならなかったりで、どこを受診したらよいのでしょうか。

心療内科でもヘルニアがあるなら、それを治してからということでしょうか?

成功の旅さんも整形に入院したものの分からないということで退院、心療内科でも納得できる説明なしということです。

健康保険を納めているのに適切な医療を受けられないのですよ!

医者は患者さんから教えられるものなのです。たとえばこの図を印刷して持って行き、ヘルニアはどこにあるのか、どこで痛みの電流が生じてどのように流れるのか、なぜNSAIDs(消炎鎮痛剤)を処方するのかなどを尋ねたらどうでしょうか。

心因性疼痛や神経因性疼痛は特殊でこの図ではありません。それ以外の普通の痛み(侵害受容性疼痛)はこの図で説明されます。(今の生理学では)

b0052170_1248830.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2006-02-08 12:48 | 痛みの生理学 | Comments(2)
Commented by keisyan at 2006-02-08 16:18
もっともなご意見ですが、相当な勇気がいりますね。
S病院のY先生に聞いてみようか^_^;
Commented by elly at 2006-02-08 19:04 x
素直に聞いてくれるお医者さんだったら苦労しないですよ~~。
私なんか、オーストラリアで治療して治りました、なんて言ったら、
「日本の医療が世界一なんだ!あんな牛の数のほうが人より多い国でそんな治療ができるわけないだろうが。プラセボだ、プラセボ!!!」と決め付けられました。理論武装しているから、手に負えないの。。


<< 日本の痛み医療      myofscial pain ... >>