2006年 02月 10日

「すっかり治りました」

今日はうれしい電話がありました。

Aさん(大学教授)は5年間苦しんだ腰~下肢痛がすっかり治りましたと電話をしてきて下さいました。

一時は100mも歩くのが困難でした。腰部脊柱管狭窄症との診断でしたが、何とか手術をしないで治そうと、私のところに2度入院されました。

私は構造的なことが原因ではなく心理・社会的な疼痛症候群だから、必ず治ると励ますのみでした。

「先生に必ず治ると励まされたのがよかった。感謝しています。」

「いいえ、私は特にお役に立ったわけでもないです。ご自分で治されたのですよ。で、何をして治されたのですか?」

「ヨガです。」

「どんなヨガですか?」

「正座をしてうしろに反り返るのです。」

「へぇ~、脊柱管狭窄症ではうしろに反り返ると神経が圧迫されるので症状が強くなると言われているのですよw。」

「以前に腰痛になったときそれでよくなったのを思い出しましてやり始めたのですが、それで腰の痛みが取れてきました。下肢のしびれは治らないだろうと思っていたのですが、いつのまにかそれも治ってしまいました。」

「そうですか。それはよかったですね。医学の理論もいいかげんなものですね。」

「みのもん○の痛みも私と同じなんでしょ。」

「そうだと思います。」・・・・・・

・・・・・・・

このようにして医者は患者さんから情報を得ていくものなのです。

これも参考に

脊柱管狭窄症っていったい何なんだろう?

脊柱管狭窄症の画像:画像所見は症状とほとんど関連性がない
[PR]

by junk_2004jp | 2006-02-10 18:39 | 慢性痛 | Comments(9)
Commented by 胆石&頚椎ヘルニア(?)持ち at 2006-02-10 20:59 x
その大学教授の方に、ぜひ、「なんちゃって頚椎ヘルニア」に著効のあるヨガについて、加茂先生から聞いてみてくださいませ!
高いお金を出して低反発枕は買ったし、首のコルセットも買ったし、、、、、目薬はさすな、うがいはするな(首を反らしてはならぬ!)、、、、、
原因は全然違うところにあったなんて、本人はわからないんだもの。

Commented by junk_2004jp at 2006-02-10 21:38
教授は腰専ですから、頚については知らないでしょうw。

「なんちゃって病」は医者に近づかず、信念を持つことでしょう。

医者がするなということを一生懸命やればいいのかもね^^。
Commented by elly at 2006-02-10 22:24 x
私も首をそらしてはいけないといわれているのですけど。。
目薬もうがいもやってません。
上を向くと確かに首がぐらぐらするんですけど。
やってみたら、案外よくなってきたりして?
Commented by junk_2004jp at 2006-02-10 22:55
ellyさん、頚をよく動かすことですよ。少しずつ練習をしてください。絶対に大丈夫です。
Commented by くじら at 2006-02-11 13:09 x
エリーさんは、美容院のシャンプーは大丈夫ですか。

私は、むち打ち後、一ヶ月半でいったんずいぶんよくなって、もう大丈夫かなと思ったときに美容院に行き、あの首そらしシャンプーで一気に悪化しました。それから、今日に至るという感じです。
原因はそれではないのかもしれませんが、きっかけであったことは事実で、美容院にいったことをずっと後悔していました。

以来、一年半、シャンプーなしのカットに一回行っただけ。美容院自体が怖くなって行かなくなりました。自宅で切ってます。。。

大丈夫かな、行ってみようかな、と思うこともあるのですが、これでまた悪化したら・・・と思うと、どうしても行けません。(ちなみに、目薬は寝転がって入れています(^^)
Commented by 頚椎ヘルニア持ち at 2006-02-11 17:39 x
くじらさん、ellyさん、こんにちは!

美容院のシャンプー台は、首を支える台の部分が硬くて細くてクッションが少ない店もありますね。

後頭部を洗うときに、美容師さんが細い腕一本でヒョイと客の首を支えるのも、心もとないので、客自身も首の筋肉を使って、自分で自分の頭を持ち上げていなきゃならなかったり。

私もカラーリングのとき以外は、自宅洗髪組です。
「首のヘルニアなので、うしろに反るのが辛い」と言うと、美容師さんに理解してもらえます。
こんどみんなで一緒に行きましょうか?(美容院みんなで行けばこわくない)

こういうときだけは、「ヘルニアです」は便利なんですよね★泣く子も黙る、ご老公の印籠みたい。

「ヘルニア」は市民権を得ている言葉なので、社会的・対外的には方便で使っておりマス。。。
Commented by elly at 2006-02-12 21:57 x
美容院のバックシャンプー、ずいぶん長くだめでした。
具合がわるくなって冷や汗が出たりして、美容師さんに心配をかけましたよ。
私もヘルニアもちなので、短めにしてください。なんて、美容師さんにお願いして、長い間美容院苦手でした。今はもうずいぶんよくなったので、バックシャンプーを少しくらいしても気になりません。

今はね。美容院を節約してすませたいときに便利に使うコメントにしてます。

「私ヘルニアもちなので、長い間いすに座っているの苦手なの。。トリートメントとか、もろもろ結構です、カットだけで。」

ほら、よく美容師さんにあれもしませんか、これもしませんかっていわれることあるでしょ?
さっさと納得してくれるので、すごく便利です。
Commented by 頚椎ヘルニア持ち at 2006-02-13 12:06 x
なるほど!!
「過剰サービスお断り」「節約対策」に、ヘルニアは一役買ってくれているわけですね★

ヘルニアが痛みの原因ではないということが一般社会特に美容院業界に知れ渡ってしまうと、、、、

「私ヘルニアもちなので・・・」
「お客さま、大丈夫!その痛みは社会・心理的なものが原因の、筋・筋膜性疼痛でございますから、安心して当店のスペシャルサービスをお受けいただけます♪当店のサービスも、立派なリセットの儀式なのでございます♪」なんて、笑顔で言い返されちゃったりして・・・・
う~む・・・・・・・
Commented by junk_2004jp at 2006-02-13 13:50
車とかバッグに貼る「ヘルニア・ステッカー」はどうですか。

電車で椅子に座らせてもらえます。駐車場も障害者用でOKかもしれませんね。w


<< 動作恐怖症      不名誉な時代は終わった >>