2006年 03月 04日

痛みに対する脊椎手術は最もリスクのある代替医療

”ほとんどの慢性腰痛患者は認知療法と運動療法によって治療でき、腰椎固定術は費用のかかる代替手段である”と博士らは主張する。

公正を期すために申し上げると、医学的治療の中で科学的裏付けのあるものは20%程度に過ぎない。脊椎治療における主な治療法の多くは、それを裏付ける無作為試験が1つもない。

腰痛に対する手術の詳しい適応についての一般的なコンセンサスは得られていません。手術を勧める意見の科学的根拠は弱いものです」と指摘している(Porchetet al.,1999)。

痛みに対する脊椎手術(ヘルニア摘出、固定術)は最も費用のかかる、リスクを伴った代替医療です。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-03-04 08:30 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 掲示板のHさんが携帯でMRIの...      坐骨神経痛の画期的治療法は初期... >>