2006年 03月 07日

ヘルニア持ちには適当な仕事がないのか?

Aさん(30歳代、男性)はH16年に腰痛、下肢痛のため歩行困難となり、B大学病院でMRIの結果、4/5のヘルニアとの診断で手術を受けました。術後はしばらくは歩かれるようになったのですが、背部にまで痛みが広がり、満足のいく結果ではありませんでした。

C会病院でMRIで検査を受けたところヘルニアが再発しているとの診断でした。日常生活動作に気をつけて、腹筋を鍛えて経過をみるとのことで今日に至っています。労働が制約されるため半年前より無職です。

現在は背部から両大腿後面に広く圧痛点があり背筋をピンと伸ばせない状態です。Aさんは私のHPを見て来院されました。私よりもよほど筋肉質な体をしていらっしゃいます。

「今まで、受けた説明は釈然としないものばかりでした。何か変だなと思っていたのですが先生の説明が最も理解できました。」

「医師が矛盾なく説明できないのは私はよく知っています。私のような田舎のちっぽけな開業医の説明のほうがハイテク先端病院での説明より理解できるというのはどういうことなのでしょうか・・・・・。貴方にとって失われた2年間かもしれませんが、ヘルニアは無視して安心して仕事を探してください。」

Aさんは筋・筋膜性疼痛症候群だったのです。圧痛点ブロックで背中が伸ばせるようになりました。

この研究は脊椎治療に関する中心的仮定(訳者注:誰もが疑がっていない合意事項)に異議を申し立て、専門医が治療方法を大きく変えるよう勧めている。

脊椎の病気ではないのです。心理・社会的なことによっておきている筋・筋膜性疼痛症候群なのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-03-07 11:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(11)
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-03-07 11:52 x
「失われた2年間」は「懸命に痛みと向き合って努力した2年間」とも言えますよね。
痛みと向き合った結果「何か変だな?」と思ったからこそ、神様がAさんに加茂先生を引き合わせてくれたのじゃないでしょうか~~~。

痛みを受け止めてくれて、こまめに圧痛点ブロックをしてくれるお医者さんがもっと各地にたくさんいてくれたらなあ~~。
「安心感」があるだけで、本人にとって「痛み」が占める割合は小さくなると私は思うのですが。
Commented by junk_2004jp at 2006-03-07 12:35
MRIがないと患者さんが来てくれない。高価なMRIのリース代をペイするには、せっせと働かなくてはいけない。医師は器械のしあわせのためにあくせく仕事をする。ヘルニア患者は増え続ける。

病院の従業員の給料は抑えられる。疲れ果てる。ミスをする。
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-03-07 13:48 x
う~む、、、
良心と経営のはざまで、お医者さん側にとっても「ヘルニアの矛盾」が・・・・・
お医者さんの身体にも、探せばきっと圧痛点がたくさん見つかりそう★

MRIを撮ったとき、「MRIは写り過ぎるから、かえって不安が拡大されちゃうんだよね」と、整形の先生自身がつぶやいてましたが(^^)
まさにそのとおりであった。。。
Commented by elly_mylove at 2006-03-07 20:58
>痛みを受け止めてくれて、こまめに圧痛点ブロックをしてくれるお医者さんがもっと各地にたくさんいてくれたらなあ~~。

本当です。
どうして簡単な皮下注射なのに、やってくれる先生はあまりにも少ないのでしょうか。
もっと広めるべきだと思います。
Commented by sansetu at 2006-03-08 10:45
>どうして簡単な皮下注射なのに、やってくれる先生はあまりにも少ない>のでしょうか。
>もっと広めるべきだと思います。

私も同意見ですが、加茂先生の注射は鍼と同じように高度な術になっていますので、やはり技術講習は必須ですね。
自律神経免疫療法研究会や井穴刺絡研究会のように、やはり組織を立ち上げて定期講習会を開催し、仲間の医師や市民を増やしてゆくことが、この療法と痛みの正しい認識を広めることになるでしょうね。それには加茂先生お一人に任せるのは大変だしお気の毒です。
また現在のようにウェブ上だけの活動では限界もあるでしょう。というわけでここはケイしゃんあたりに、一肌脱いでいただいて、まずは患者組織を立ち上げて欲しいものです。
「安全で安心な正しい痛み治療を求める市民の会」とか・・・。
もちろん同時に医師や治療者側の組織も必要かと思います。
正しい医療文化を石川県から全国に発信しましょう。
Commented by keisyan at 2006-03-08 17:16
>ケイしゃんあたりに、一肌脱いでいただいて・・・

^_^;^_^;^_^;
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-03-08 19:22 x
加茂先生は『ゴールドフィンガー』の持ち主なので、そんじょそこらの医者にマネできる芸当ではないのでしょう。
でも、あの注射針はお土産に1本私も名古屋に持って帰りたかったです♪
糖尿病患者さんは自分で皮下注してる人もいるぐらいだから、私だって練習すれば!!(^∞^)
ムチャかな。

ケイしゃんの^_^;^_^;^_^;はビミョーな笑顔ですね。
「もろ肌」ではなく「一肌」ですので・・・何卒よろしく。
「医療先進県といえば石川県!」という時代がくるかも・・・・・!!
Commented by junk_2004jp at 2006-03-08 19:39
特に技術はいりませんし、簡単で危険がないですよ。27ゲージをつかっています。歯科用のものを取り寄せてみたことがあるのですがコスト的にあいません。27Gで十分です。

プチ整形でヒアルロン酸を注入するのは30Gです。もっと細いのです。技術的は可能なのですが、高価になります。一般には販売されていません。糖尿の自己注射はみじかすぎます。
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-03-08 19:49 x
プチ整形にも造詣が深いとは・・・Σ( ̄ロ ̄;) 
Commented by junk_2004jp at 2006-03-09 07:57
myofascial pain syndrome (筋筋膜性疼痛症候群)このもっともありふれた病態を知ることなのです。

医師よりも鍼灸関係の研究者が多いように思います。医師はこれに関してほとんど知らないといってもいいです。

http://www.kenkobunka.jp/kenbun/kb5/tsujii5.html

TMSは間違いではないのですが、TMS=心因性という根深い誤解は払拭困難なように思います。

Commented by elly_mylove at 2006-03-09 17:10
>というわけでここはケイしゃんあたりに、一肌脱いでいただいて、まずは患者組織を立ち上げて欲しいものです。
「安全で安心な正しい痛み治療を求める市民の会」とか・・・。
もちろん同時に医師や治療者側の組織も必要かと思います。
正しい医療文化を石川県から全国に発信しましょう。

今ケイシャンは忙しいから、ちょっと大変かなあ。。

時間的な負担もさることながら、医療者という人々に向かって、とか、ともに、何かをすることの大変さを私は個人的に感じました。

感覚のものさしが違うから・・。


<< 損賠訴訟:「手術ミスで障害」 ...      ケネディ大統領の腰痛 >>