2006年 03月 08日

損賠訴訟:「手術ミスで障害」 聖マリアンナ医大病院に賠償請求 /神奈川

聖マリアンナ医科大病院(川崎市宮前区菅生)で、椎間板摘出の内視鏡手術を受けた川崎市麻生区の50代の無職女性が、手術ミスで下半身麻痺になったとして、同病院に約9300万円の損害賠償を求める訴訟の第1回口頭弁論が7日、横浜地裁川崎支部(笹村将文裁判長)であった。

訴状によると、女性は右脇腹や背中などの痛みのため00年5月から同病院整形外科に通院し、胸椎椎間板ヘルニアと診断された。01年7月13日、主治医の男性医師が内視鏡手術で椎間板を摘出した。ところが、女性は手術後、両腕を除いて首から下が動かず、痛みも感じなくなった。原告側は「手術中に脊髄(せきずい)を傷つけ、障害が残った」と男性医師の過失を主張。病院側は全面的に争う姿勢を見せている。


これだけの情報で軽々には判断できないが、主訴は「右脇腹や背中などの痛み」で麻痺症状ではない。00年5月から01年7月13日と1年以上続く慢性の痛みであったということ。

胸椎だから、ヘルニア塊によって脊髄マヒを起こすことも考えられる。術前に脊髄マヒを思わせる所見があったのかなかったのか?

ヘルニアが原因で痛みが起きるとは私には思えない。神経が圧迫されればマヒが生じる可能性はあるが、胸椎のヘルニアが原因で脇腹や背中に知覚マヒが生じたなんて聞いたことがない。

手術は必要だったのか?心理・社会的な観点から痛みの治療にあたるべきではなかったのか。手術の目的は除痛だったのか、脊髄マヒのに対してだったのか。


病院側が全面的に争う姿勢をみせているそうなので、真相を見守りたい。

腰痛に対する手術の詳しい適応についての一般的なコンセンサスは得られていません。手術を勧める意見の科学的根拠は弱いものです」と指摘している

公正を期すために申し上げると、医学的治療の中で科学的裏付けのあるものは20%程度に過ぎない。脊椎治療における主な治療法の多くは、それを裏付ける無作為試験が1つもない。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-03-08 14:48 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by elly_mylove at 2006-03-09 22:19
私の映像をみて言われたコメント。
胸椎って、肋骨で守られているし、頚椎や腰椎のように負担が大きい関節ではないから、めったにヘルニアにはならないけれど、いったんなってしまうと、脊柱管が狭いから、すぐにビリビリしびれてきて麻痺するし、手術は神経に近くてとても大変。
胸椎のヘルニア自体は、一例手術できたら学会発表できるほど珍しい。。。
などなど、
胸椎こそヘルニアになったら大変で取り返しがつかないことになる、といわれました。
大変、ヘルニアになったら、危険ももちろんだけれど、麻痺まで間がないから一刻を争って手術しないと、というイメージを持っていましたよ。

将来傷ついた胸椎がヘルニアになったらどうしよう、きっと車椅子だ・・なんて思っていたものです。

正直、今も、もし・・と思うとちょっと怖いかも・・。
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-03-09 23:59 x
お医者さんって、細木数子みたいに、占って脅かすんですよね・・・・・

私は頚椎でしたが、MRI画像を見て言われたコメント。
このまま脊髄が圧迫されると、両手の巧緻運動障害、歩行障害、膀胱・直腸障害が起きる可能性がある、そうなってから手術しても手遅れだ、当面保存療法で1年様子を見て、改善しなかったら障害が出る前に手術を考えてみよう・・・・・

「手術したら痛みはとれるんですか?」「痛みは確実にとれるが、痺れはとれないと言う人もいる」・・・
そんな不確かなことで手術に踏み切ることはできないな。こわいもん。
切る側の人はヘルニアを取ったら手術は成功なのかも知れないけど、患者は痛みと痺れがなくなって初めて手術が成功したと実感するんじゃないでしょうか。
怖いです。
Commented by elly at 2006-03-10 13:55 x
頚椎ヘルニアさん、私は頚椎もヘルニアです。ふたつあります。

そっちももちろん、脅かされましたよ!
私診察室でないちゃったくらいですもん。
不治の病なのね、って思って。。

でも、ヘルニアはいまだによくわからない。
麻痺してからでは間に合わない。麻痺しないうちに手術、といわれて
手術したら、神経が傷ついて、カウザルギーになってしまった、という人もいるし、
もちろん手術でケロリと治る人もいるし。。

何か、何かしら、根本にあるもので、切るだけでは解決されていないことがあるんですよね。きっと・・。
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-03-10 20:19 x
エリーさんはダブル・ヘルニアでしたか・・・ 
不安だったことでしょうね。
「麻痺してからでは間に合わない。麻痺しないうちに手術」
この言葉は、患者には酷ですよね、だって、ベストタイミングがわかるはずないんだもん!
人間の身体は実に神秘的だと思います。

ドクターが着てる白衣、あれがイカンのじゃないかと、かねてより私思ってました。
医者がポロシャツやTシャツ・短パン姿だったら、脅かされても話半分ぐらいに聞けるかも知れないです(^^)





<< 久保が腰痛を再発 サッカー日本...      ヘルニア持ちには適当な仕事がな... >>