2006年 03月 10日

ヘルニアで麻痺???

色々な病院に行きましたが、もう手術しかないと言われています。これが最後と思い、脊髄専門医がいる「****病院」に行きましたが、「しびれは手術しても取れないと思ってください。元巨人監督の長嶋さんの様に一度潰れてしまった神経は元には戻りません。痛みがとれればいいでしょ」と言われてとてもショックを受けました。

痛みと麻痺

ジンジンした感覚を「しびれ」ということがあります。一方、感覚がない~感覚が鈍いを「しびれ」ということもあります。だからややこしいのです。

ジンジンした感覚は痛みの兄弟分だと思っています。だから痛みの治療をしていればいずれなくなります。麻痺症状ではありません。

「感覚がない~感覚が鈍い」は麻痺症状です。末梢神経障害、中枢神経障害でみられますが身体表現性障害(心因性)でもみられます。

いわゆるヘルニアによるといわれているところのしびれはどうも「ジンジンした感覚」のほうではないかと思います。

もし麻痺とするならば、なぜ神経ブロックをするのでしょうか。麻痺している(麻痺しつつある)神経に向かってなぜ局所麻酔をうつのでしょうか?

ヘルニアによって末梢性の運動麻痺、知覚麻痺をきたしてしまった人をみたことがありますか?(頸椎のヘルニアでまれに脊髄麻痺=中枢性の麻痺がおこります)

私は見たことがないのです。「あのおじいさんはヘルニアで右脚が麻痺してしまったので歩行には杖が必要です。」「あのおばあさんはヘルニアで左上肢が麻痺してしまって身体障害者手帳を持っています。」このような人があなたの知人にいますか?世界中でこのようなことを聞いたことがありますか?

もし麻痺を説明するならば写真などの証拠をみせてだいたい何%の人がそうなっているかを言うべきです。大正生まれの人、昭和の初期に生まれた人はヘルニアの手術を受ける機会はとても少なかったと思います。その人たちの何%に麻痺がみられるのか?

患者さんにとって専門医の言葉は重いものです。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-03-10 17:48 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-03-10 20:34 x
そうそう、「神経細胞が死んでしまう」みたいなことを言われましたっけ。

私は「じんじん」は全く感じたことがなく、手袋をはめたような「感覚の鈍さ」でした。
痛みも局地的なものでなく、ぼんやり・どんよりとした重さでした。

「ヘルニアが進行すると脊髄症になるのかどうか?」が、今でも疑問です。
症例は少なくても、現に脊髄症と診断された人はいるわけですから、可能性が0ではないし・・・・
セカンドオピニオンを求めて行った大学病院で脅かされたわけだから、恐怖がしみついているんですね。

知識の質・量ともに、専門教育を受けたドクターに、患者はかないません。
そして、しつこく食い下がって質問すれば、機嫌を損ねるドクターが多いのも事実です。
診察室で患者に向かって声を荒げているドクター、結構いますよ。
自分の身体のことだから、わかるまで聞きたいのに。
(うるさい患者だな・・・ヒステリーだな・・・)とでも思ってるのかも。
だから、患者が医者のご機嫌をうかがっている部分もあるんだと思います。
医者と患者は決して対等ではない・・・・そう感じることは多々ありますネ。
(ボヤキでした)

Commented by sansetu at 2006-03-11 12:08
科学に対する根本の姿勢が問題ですね。自分の知識を常に疑う(本当にこれで良いのかと検証し続ける姿勢)ことのできない科学者は哀れです。いや、哀れなだけならよいのですが、社会の迷惑でもありますね。
本当の科学者や医者であるほどに未知を知り、それを受け入れることができますが、追求が浅く中途半端な者ほど、うすっぺらな知識に居つき、しがみついてしまうようです。きっと自分を変化させることがめんどくさいのでしょう。つまりは、プロじゃないんです。
Commented by elly_mylove at 2006-03-11 14:09
>診察室で患者に向かって声を荒げているドクター、結構いますよ。
自分の身体のことだから、わかるまで聞きたいのに。

頚椎ヘルニアさん、お気持ちわかります。

私は途中海外にわたって治療を受けたのですが、その辺は目からうろこが落ちました。あちらのドクターは優しかったし、納得いくまで説明してもらえましたから。
ただ、無料ではなくて、長く説明を受ければそれだけ料金は高かったです。ドクターの診断料は時給でしたから。
忙しくて、殺気立っているということもあるんだな、と思うと気の毒ではあります。

患者が疑問を呈したとき・・。
それに答えてくれたり、患者が自分の知らないことを言ったとき。
それに対しても怒らずに答えてくれる先生って貴重ですね。
めったにいないけど。。。。
Commented by junk_2004jp at 2006-03-11 14:30
公正を期すために申し上げると、医学的治療の中で科学的裏付けのあるものは20%程度に過ぎない。脊椎治療における主な治療法の多くは、それを裏付ける無作為試験が1つもない。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_463.htm

「わかりません」と強い調子で答えたのは、脊椎研究の先駆者であるスウェーデンのGothenburg大学のAlf Nachemson医師であった。「私はこの分野の研究を始めて50年になりますが、全くわかりません」。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_348.htm
__________________________________

ま~そういうわけです。


<< 最も身近であって、最も縁遠い「...      久保が腰痛を再発 サッカー日本... >>