2006年 03月 31日

考え方を変えて!

ヘルニアと言われているあなたの痛みや痺れは腰や下肢の筋筋膜性疼痛myofascial painです。だから脊椎専門医が診たところで的はずれになることが多いのです。神経根ブロックは痛いわりには効いたり効かなかったりで不評のことが多い上に神経根を傷つける可能性があります。つまり脊椎専門医が診るべき疾患ではないということです。診て悪くはないのは当然ですが、意味がありません。筋肉専門医というのがあればいいのですがないですね。根本的なところが間違っているから、説明や治療の理論にはも一つスジが通ったものがありません。

そもそも、神経が押さえられているから痛い、痺れる、神経が炎症を起こしているから痛い、痺れるなんていう生理学は存在しません。

ヘルニアで末梢神経が麻痺することはありません。(きわめてまれに馬尾症候群があるだけです。)麻痺だといっているのは、筋肉が痛いので使わないから起きているだけなのです。適切な治療で速やかに回復します。筋筋膜性疼痛がなぜおきるのか、どうしたら早く治せるのかを追求すべきです。筋筋膜性疼痛だから、手術をしてもしなくても5年後の成績は同じなのです。手術をしたほうがやっかいなことになることもあります。(外傷を受けたわけですからね)


キーワードは


心理・社会的疼痛症候群

(不安、抑うつ、怒り)


筋・筋膜性疼痛症候群

(トリガーポイント、関連痛、筋硬結、しびれ、圧痛、筋力低下)


慢性疼痛

(パターン化、習慣化、末梢性中枢性痛覚過敏、可塑的変化)


認知・行動療法

(運動、ストレッチ、グループ療法、認知の歪み)


[PR]

by junk_2004jp | 2006-03-31 13:54 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(15)
Commented by rinngo620 at 2006-03-31 14:19
http://1purachina.seesaa.net/

こんにちは。
URL貼り付けごめんなさい。
私は最近ダイエットに没頭中です。
結果は・・・
です(;^ω^)

お互いブログがんばりましょうね!!
Commented by keisyan at 2006-03-31 19:52
わおっ、力はいってますね^_^;
Commented by 寧夢 at 2006-03-31 20:09 x
 初めてお便りします。
 2年前に余りにひどい肩凝りというか背中の痛みに耐えかねて整形外科に行ったら、頚椎性神経根症と言われてMRIをとったけれど、それほど異常もなし。服薬も注射も効き目なし、かろうじて運動療法で痛みがましになった程度でした。軽い鞭打ちを過去に何回か経験しているから後遺症かなとあきらめていたけれど、痛みがひどいと抑うつ症状も出るし、声も出にくい。仕事は事務兼接客サービスに近いので、疲労だとあきらめていたけれど。このブログを知って、もしかして私は・・・これ?
 と感じている今日この頃です。うーん、これからどうしたものかしら?
Commented by junk_2004jp at 2006-03-31 20:27
ねむさんはじめまして。たぶんこれですよ^^。
声が出にくいのは喉の筋筋膜性疼痛のせいです。
http://junk2004.exblog.jp/2998880/
Commented by elly_mylove at 2006-04-01 00:16
先生
壁紙変えましたよ!
ところで、私自分の掲示板から閉め出されてしまいました。
書き込めないの・・・。
私だけかしら。エーン。

20代で仕事をバリバリしているころ、のどの筋筋膜性疼痛よくやりました。お仕事は声を使っている仕事だったので、過労だったのだろうな、と思います。
筋肉って、すごく大切なのですね。
いためると思いがけない不調が出る。。。
でも、軽視されている臓器で、それがとても不思議です。
もっともっと研究が進んで欲しいです。
Commented by 大藪 at 2006-04-01 00:20 x
喉の筋筋膜性疼痛
と書いていますが具体的にはどのような筋肉ですか?
Commented by junk_2004jp at 2006-04-01 00:36
胸鎖乳突筋の内側あたりの筋肉、強い圧痛があります。筋肉の名前は知りません。解剖書をみて調べてみてください。
Commented by 大藪 at 2006-04-01 00:52 x
platismaを含めて筋肉内筋肉って言うんですけど、そこには近膜に包まれた筋肉はなくて筋肉どうし重なっているはず・・・と記憶してるんですけど
Commented by junk_2004jp at 2006-04-01 02:45
そうですか。この図のような筋肉に強い圧痛があります。

http://junk2004jp.web.fc2.com/dn000--30.jpg
Commented by sansetu at 2006-04-01 09:04
http://sansetu.exblog.jp/m2006-03-01/#4313114
私も貼っておきます。↑は咽の痛みではありませんが、奥歯の痛みが側頚の筋緊張に由来していた私自身の例です。
Commented at 2006-04-01 09:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 頚椎ヘルニア at 2006-04-01 09:55 x
X線やMRIで見れる確かなものに痛みの原因を求めようとする・・・っていうことかも知れないですね。
筋肉は見えないでしょ。見える確かなものが科学だと信じてる人が多いのかも。
Commented by junk_2004jp at 2006-04-01 12:06
「platysma(広頚筋)は皮膚と密に頚筋膜とは疎に結合する。」その深層には舌骨筋群がある。・・・ということです。
Commented by 筋疾患専門 at 2006-04-05 21:01 x
整形外科でも 筋肉の専門の先生は 少数派でも いらっしゃると思います。
筋肉の病気は 整形外科、内科、神経内科、膠原病内科、リウマチ科、リハビリテーション科 などの狭間にあり、それぞれでの経験を総合しないといけないと思います。
Commented by junk_2004jp at 2006-04-05 21:06
それはもちろんいらっしゃるでしょうが、少ないですね。


<< 神話がばらまかれて      痛みキャンプ1 >>