2006年 04月 27日

トリガーポイント

2.1 TRIGGER POINTS

The most widely accepted definition of a TrP is "a hyperirritable spot, usually within a taut band of skeletal muscle or in a muscle fascia. The spot is painful on compression and can give rise to characteristic referred pain, tenderness and autonomic phenomena" (Travell & Simons, 1983). 

TrPs can be categorised as active, latent or satellite. In brief, an active TrP is a source of ongoing pain, a latent TrP is only painful when compressed and a satellite TrP develops within the area of referred pain of an another active TrP (Starlanyl & Copeland, 1996).

_____________________________________

トリガーポイントには3つある。

活動性トリガーポイント:今感じている痛みの元
潜在性トリガーポイント:押さえたときのみ痛みを感じる
サテライト(衛星)トリガーポイント :他の活動性トリガーポイントの関連痛の領域に新たに生じたトリガーポイント

なるほどサテライトトリガーポイントというのか。このようにして痛みの範囲が広がっていくわけだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-04-27 18:19 | 痛みの生理学 | Comments(1)
Commented by keisyan at 2006-04-27 19:12
サテライトとはうまい表現ですね。
慢性疼痛の人は latent が体中にあるのだろうね。


<< 痛みの本態      休日の腰痛 >>