2006年 05月 02日

myopain(筋痛症)

b0052170_21163416.jpg

b0052170_211650100.jpg

筋痛、およびその関連痛、新たに誕生したサテライト・トリガーポイント、およびその関連痛

ヘルニアとの因果関係は理論的説明は不可能。心理・社会的医学としては説明可能。

心理・社会的原因で生じた筋痛症だから、簡単に治る人もいる。痛みは最終的には電気情報の解読(認知)と反応。これは脳というとても個人差の大きなスーパーコンピュータが請負っている。このことを精神的問題と表現すると誤解が生じる。

痛みの長期継続により脳(スーパーコンピュータ)は変化していくといわれている(可塑性)。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-05-02 19:59 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 腰~下肢痛の診断は何に従うべきか      痛みの本態 >>