2006年 05月 13日

腱炎(腱付着部炎)

両肘痛

やはり、急性期でも安静は悪い影響があるようだ。

b0052170_15411165.jpg

腱炎が慢性化する要因は「Rest」なのだ。

シンポジウムスポーツ選手の腱(腱付着部)炎

腱も筋も同じことでやはり「安静」はさけるべきことなのか!

成長期の野球肘(離断性骨軟骨炎)、野球肩(骨端線離解)のように骨軟骨に障害がおきること以外は「安静」はだめということか。

腱障害に抗炎症薬は逆効果「運動とは無関係に生じる場合があり」

今日もこんな患者さんがいた。
30歳代、男性、昨日、いつもと同じ仕事をしていたのだが、急に右手首に痛みが生じてきて少し腫れてきた。発赤はないので結晶誘発性の可能性はひくい。


圧痛点をブロックすると痛みがとれたわけだが、病因を説明できない。
「急にお腹がいたくなった、急に蕁麻疹がでてきた、急に頭痛がしだしたと同じようなことでこれで治るでしょう。」といって煙に巻くw以外にない。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-05-13 12:03 | 痛みの生理学 | Comments(2)
Commented by vega at 2009-01-19 10:59 x
はじめまして。腱付着部炎で検索していてたどり着きました。
私は外側上顆炎や足底筋膜炎を慢性化させてしまった漫画家です。最初はバネ指や手首の腱鞘炎が主訴だったのですが(12年前)、当時から親指と人差し指の間にある筋肉の、親指側の付着部によく痛みを発生させるなどしていました。今は左肘の外側上顆炎が治りません。朝起きたときが一番痛くてストレッチをするとマシになります。安静はよくないですが収縮もよくないようです。眠っている時ベッドの上で掌が伸びているのです。
痛みが段々脳味噌由来によるというのは実感しています。長期安静にすると次はもっと簡単に再発するのも実証済みです。ただ痛いと同時に「熱い」と感じる時は本当に微細損傷があるように感じます。ヒリヒリするんです。
最近太ももの筋肉が膝にくっつく辺りも痛くなってきたので、ここも付着部に何かが起こり始めたようです。44歳ですがこんな調子でこれから歳をとったらどうなるのか不安です。
人並み外れて全身の腱付着部が弱い体質…なんてものがあるのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2009-01-19 19:47
たしかに筋痛症タイプの方はいらっしゃいますね。女性に多いように思います。

付着部のトリガーポイントをアタッチメント・トリガーポイントといいます。トリガーポイントブロックが効果的だと思います。


<< ジャンボ尾崎さん、歌丸さん      両肘痛 >>