2006年 05月 16日

ストレスと筋痛

自分だけ解っても意味ない訳で

筋痛の説明でなぜその部位を選ぶのかということがあります。

ストレスが痛みを作るのか、痛いのがストレスになるのか。

ストレス、微小損傷、筋痛、痛覚過敏、悪循環、慢性化、神経系の可塑性変化。

今日の患者さん

数ヶ月前にヘルニアのレーザー手術をするもよくならず。臀筋群の慢性の筋筋膜性疼痛症候群でした。トリガーポイントブロックとストレッチで痛みの改善がみられました。

とにかく安静はいけないのだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-05-16 21:51 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< ヘルニア支離滅裂物語      ジャンボ尾崎さん、歌丸さん >>