2006年 05月 23日

図を書き換えました

b0052170_4144719.jpg




筋収縮と筋拘縮の違い

筋線維に過大な負荷がかかると筋小胞体が傷害され、活動電位が出なくても筋小胞体からカルシウムイオンが筋漿に出ていく。

血流が悪いとATPの産生が減ってなかなか拘縮が解けない。そのためしこりが残る。これらが慢性化すると、それが筋・筋膜痛症候群である。

[PR]

by junk_2004jp | 2006-05-23 19:21 | 痛みの生理学 | Comments(4)
Commented at 2006-05-24 08:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tetsuya at 2006-05-24 20:20 x
デカドロンの局所注射で、膝痛や腰痛が増悪した方が何人かいました。

圧痛=炎症(免疫亢進) とのことで行ったようです。

Commented by junk_2004jp at 2006-05-25 00:25
たまにそのようなことがあります。ステロイドは血管を収縮させますからね。
Commented at 2006-05-25 04:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 痛みは筋痛症      ヘルニアを考える >>