2006年 05月 31日

頚部痛、拇指のしびれ

50歳代、男性

5年前、急に頚が痛くなる。近医にて注射などの治療を受けるも改善せず。転医してMRIでヘルニアがあるといわれる。

その後、一進一退、小康状態であったが、昨年暮より悪化する。右拇指にしびれあり。ヘルニアの手術をすすめられたが、妻子は私のサイトを見て、手術に反対して当院受診をすすめた。

慢性的腰痛もあるが、年齢的なものだとの説明を受けている。睡眠障害がある。

b0052170_18485671.jpg


斜角筋、棘下筋、大菱形筋、腕橈骨筋に圧痛がありました。圧痛点をブロック(1%メピバカイン計6ml)して、軽くストレッチをしました。ついでに腰の方もしました。

「腰はどうですか?」「痛くなくなりました。」
「しびれはどうですか?」「ちょっと軽くなりました。」
「頚はどうですか?」「少し動きやすくなりました。今は反対側が少し痛いです。」

拇指のしびれは、斜角筋か腕橈骨筋の関連痛だと思います。どちらか確かめるにはブロックを一度にしなければよいのですが。

拇指のしびれ→C5/6の神経根刺激症状・・・医師が思いこんでいることかもしれません。違うと思います。

このような治療で症状の変化をみるのは「治療的診断」といいます。その筋肉に原因があるということが想定できるのです。

慢性化していますから、心理・社会的は面を配慮して治療を進めていけばよいと思います。奥さんやお子さんはこのブログをみているかもしれませんが安心してください。腰や頚や腕の筋・筋膜性疼痛症候群です。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-05-31 19:43 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< ストレスがなぜその部位を選ぶのか?      腱炎(腱付着部炎)→腱痛 >>